フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 長崎旅行 その6 | トップページ | 一人二役 »

2007年8月30日 (木)

長崎旅行 その7

Canal Canal2 Streetperformance

三日目(8月19日)の午後、長崎平和公園を後にしJRで福岡へ。今回の旅行は急に決めたものだったので、帰りの飛行機は朝早い便しか取れませんでした。

そういうわけで最後の宿は福岡空港に直行できるように博多駅すぐそばの都ホテルになりました。福岡は思った以上に大都会であることに驚きました。

ガイドブックで「北海道たらこ使用の明太子」にこだわる「しまもと」というお店を見てそこに行ってみました。ほとんどがアラスカやロシアの冷凍たらこを使っているそうですが、ここは国産の新鮮なたらこにこだわっているそうです。多売をせず、デパート等の出店もしていないので、知名度も低いが、そこでしか買えない・・・と聞けばなんだかとても貴重なものに聞こえてくるではないですか!

「最高のからし明太子を買ってきてくれ」と友人からののミッションを受けていた私はまず一直線に「しまもと」へ。友人には「釣り子明太子」を買いましたが、釣り子というのは一匹一匹釣りあげたものだそうで舌触りが滑らかです。自宅用にはここでだけ売っているというお徳用のものを買いました。

いっぱい試食もさせてもらい、お茶も頂き、任務完了。お店の感じも大変良かった。

それにしてもなぜ福岡で北海道のたらこかと不思議に思いました。「北海道明太子」なるものは少なくとも私は聞いたことがない。北海道出身のある人に聞いたらその人の母上は「いや~、明太子は博多に限るねえ」とおっしゃるらしい。やはり明太子は完全に博多の文化のようです。

家に帰ってきてから明太子のHPを見てみると、もともとは朝鮮の食べ物で、朝鮮半島から伝わってきたということがわかりました。なるほど。

明太子の後は、「キャナルシティ博多」へ。180mの運河が中央に流れています。ショップやレストラン、劇場などが集まっている。その巨大さに圧倒されました。イベントもいろいろあるようです。

音楽に合わせて水が踊る噴水のショーや大道芸に思わす見入ってしまいました。デジカメのビデオで撮影してきましたが、若干容量が大きすぎたようで少し切らないとここにはのせられません。

知らない街を歩きまわりホテルにたどり着いたのは9時半。この日もまた疲労困憊。翌朝は7時40分のフライトです。朝食はサンドイッチを用意してもらうことができました。こうして今年の私の夏の旅は幕を閉じました。

ところで明太子。たらこは好きだけど、明太子はそれほどでもなかったのですが、しまもとで買ったものは辛さも程よく(中辛)、ご飯がいっぱい食べられてしまいます。ホント、おいしかったです。毎日、毎食、食べ続け昨日完食しました。

写真は「キャナルシティ」にて。

終わり


« 長崎旅行 その6 | トップページ | 一人二役 »

7.旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎旅行 その6 | トップページ | 一人二役 »