フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「人生の扉」 | トップページ | 長崎旅行 その2 »

2007年8月22日 (水)

長崎旅行 ハウステンボス

Nagasaki1_3 Nagasaki2 Nagasaki3


長崎ハウステンボスに行ってまいりました。(8月17日)

毎年8月は忙しいので、旅行に行くなら9月か3月だったのですが、今年はわけあってこの時期になりました。3日間ほど炎天下を歩きまわり、日ごろ日焼け対策万全の私も防ぎきれず汚く焼けてしまい、あせりまくっています。この年で日焼けは絶対いけません!化粧品屋のお姉さんに強力に勧められ、スーパーサプリという超高価なサプリを買ってきました。1ヵ月後にはきっと美肌(?)を取り戻す!!

さて着いた時間が3時頃とすでに大分遅かったので、見たいところを全部見ることができず残念でした。6時から7時まででほとんどが閉館してしまいます。でも雰囲気は充分に味わうことができました。

それに、アミューズメントはディズニーランドのように並ばなくても結構すぐ入れるので時間も短縮でき、助かりました。(つまり人気がないってこと?!)。

私が一番気に入ったのはオルゴール博物館「オルゴールファンタジア」。ここはガイドの解説付で、まず1階の「オルガンの部屋」で大型ダンスオルガンが自動演奏をするのを聞きましたが、これはすばらしかった。

スピーカーを使っていないのにどうしてこれだけの音量で音楽が聞けるのかと驚きました。木の共鳴を使ってるようです。本のように折りたたまれたブックを使って自動演奏をします。ブックにはたくさんの穴があけられていてその穴を読み取って自動演奏するのです。すごく不思議です。

裏側にも回って見せてもらいました。昔の人の知恵に脱帽です。オルガンだけではなくシンバルや木琴などが加わって巧みに演奏をしているのが見えました。「すごい、すごい」の連発でした。1枚目の写真はその自動演奏機です。なんと優雅なのでしょう。見た目も本当に美しい!

さて2階には美しいオルゴールの数々が展示されています。普通のオルゴールは一曲だけの演奏ですが、ここに展示されているものは続けて数曲の演奏ができます。2枚目の写真はその中の一つ。フタの部分に書かれている文字は演奏曲目です。

そして最後はコンサートホールにて「世界最高峰」の自動演奏楽器「フィオリーナ」の演奏を聴きます。解説によれば「ピアノとヴァイオリンが同時演奏するという、ほかに例をみない最高級品」だそうで、ダンスホールやカフェなどこんな音楽が流されていたらしいです。この演奏もすばらしかったです。

それぞれ毎回曲目も変るようで、時間があれば何度でも入りなおしたい気分でした。

夕食はハウステンボス内の韓国レストランでビビンバ定食を食べましたが、韓国人の多いこと!いや、ハウステンボスでは、ここは韓国ではないかと思うほど韓国語が飛び交っていました。かなり積極的に観光キャンペーンを行っているのでしょうね。考えてみれば韓国からすごく近いですよね。

ハウステンボス前のホテルに泊まったので夜最後の花火とレーザー光線のショーを見ることができました。屋台のクレープもすご~くおいしく大満足。とっても楽しい1日でした。三枚目の写真はハウステンボスの夜景です。


« 「人生の扉」 | トップページ | 長崎旅行 その2 »

7.旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「人生の扉」 | トップページ | 長崎旅行 その2 »