フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「マリと子犬の物語」 | トップページ | ミラコレ »

2007年12月20日 (木)

美容院

昨日は美容院に行ってきました。この美容院にはすでに三年以上お世話になっていて、今の美容師さんのKさんに担当してもらうようになってからは一年くらいになります。Kさんは私の髪質やくせを充分把握してくれていて、欠点をを長所に変える、もしくは長所を生かすようなすばらしいカットをして頂き大変気に入っています。欠点を長所に変える、長所を生かす・・・書いてから思いましたが、髪だけではなくことごとくそうありたいものです。

今年の夏わけあって一度だけ別の美容院に行ったことがあるのですが、切った直後から何となく変。気のせいかな~、きっと時間がたてばそのうち馴染むのかな~と思っていたけど、むしろ日が経つにつれどんどん収拾がつかなくなりました。そしてとうとう二週間くらいでたまらなくなりKさんの所に駆け込むと、全てが逆だと言われました。つまり長くなければならないところが短く、短くならなければならないところが長くなっていたそうで、見たとたん「ど~しよう??」と途方にくれたそうです。その後しばらく右サイドの髪に「後遺症」なるものが残ってましたが、二・三回のカットを繰り返し、Kさんのお勧めでトリートメントをして髪を落ち着かせることで何とか切り抜けました。

何しろ私の髪は硬くて太くて量も多くうねりもありでなかなか手ごわいのです。昔はこの髪にずいぶん手こずったものです。朝起きると頭が爆発、二倍くらいに頭が膨らんでいるなんてこともよくありました。特に梅雨の季節は苦労が絶えなかったのですが、縮毛矯正ができてから大分楽になりました。今はKさんにカットしてもらいトリートメントをすると縮毛矯正なしでも髪がおとなしく落ち着いています。ドライヤーで乾かすだけで何もしなくてもちゃんと形が保てます。やはりカットは命です。細くて柔らかい髪にかなりあこがれましたが、Kさんからは「これだけいっぱいあると何でもできる」と言われ最近はこの髪にひそかに自信すら持ち始めました。女性でも年とともに髪は薄くなっていくものらしいので、今となってはむしろこれで良かったかも知れないと思っています。

ちなみにわが家系はみんなこの髪質で、妹も私と同様に毎回いっぱい髪をすいてもらっています。弟も同じのはずだけどいつの頃からか前髪が後退し始め、ネコの額のようなおでこの持ち主だったのが、今ではすっかりおでこの広い人になっています。みんなで「何でだろう?」と首を傾げています。娘は私より素直な髪質だと思うけど量は私より多く縮毛矯正をしています。縮毛矯正の技術は日本人が発明したものだそうですごい技です。どんな縮れ毛でもくせ毛でもまっすぐ素直な髪にしてくれます。ニューヨークでは"Majic"(マジック)とか"Japanese Majic"(ジャパニーズ・マジック)と呼ばれていると聞きました。

さて今朝は主人の髪を私がカットしました。主人の髪は全部あわせても昨日私が切り落としてきた髪よりはるかに少ないくらいであっという間に終わります。ほとんど髪がないのに床屋に行くと普通の人と同じ料金だなんて何か納得いきません。そんなわけで主人は年に一回かせいぜい二回くらいしか床屋には行かず、後は私が家でちょきちょきやっています。私は美容院には一ヶ月半に一度の割合で通いヘアカラーとカットをしてもらっていますが、ある美容師さんからは「よく毎回こんなに切る毛があるものだと思いますねえ」と感心されたくらいです。主人に言わせればそういうわけで二人合わせて何とか収支のバランスが取れているということでしょうか。

« 「マリと子犬の物語」 | トップページ | ミラコレ »

9.日記」カテゴリの記事

コメント

髪が多くくせ毛の人はなにかと大変そうだね。
まぁ我が輩月一回散髪してるけど、最近は髪の毛が細くなってきたよ。
髪の後退はすくないけど、いつ薄くなっていくか。あっ、これから本題にと思ったけど。またね。

やっぱり細くなるものなんですね。私も昔よりは多分細くなってる気もしないでもないです。ところで、本題って何だったんでしょうね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「マリと子犬の物語」 | トップページ | ミラコレ »