フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年1月15日 (火)

「赤毛のアン」

Anne_3 Anne2 Greengables  


お正月にNHKで「ようこそ赤毛のアンの世界へ」という番組が放送されましたが、それを録画してとっておいたものを最近見ました。私は中学生の時に初めて「赤毛のアン」を読んですっかりアンに見せられ虜となった一人です。続編のアンシリーズも全部揃えて夢中になって読んだものです。

その後何十年、再び本を開くことはなかったのですが、1年半から2年ほど前、松本侑子さんが英米文学からの引用を解説した訳注つきの全文訳「赤毛のアン」を出したことを知り、その訳本を買って読んでみました。おもしろくなかったらどうしよう・・・と思いながら読み始めたけど、全くの杞憂。大人になった今でも昔と同じようにワクワクし最後まで楽しく読むことができて、そのことが何だかとってもうれしかった。

「赤毛のアン」は一般に児童文学、少女小説と思われていますが、松本侑子さんによると作者のモンゴメリは子供向けに書いたわけではなく、大人の鑑賞に充分堪える文学だと言います。英米文学や聖書からの引用が驚くほど多く、文学に造詣の深い人で原典・出典を知る人ならば作者モンゴメリの知識の広さ深さに驚かずにはいられないとも聞いています。

子供が読んでもおもしろいけれど、大人にはまたきっと大人なりの読み方があり違う発見ができるのだと思います。そこで私はこの際原文も読んでみたいと思い、同じく1年半ほど前に "Anne of Green Gables" をゲットし初めて原書で読んでみました。なじみのあるアンの台詞やいろいろな言い回しが原文ではどんな風に書かれているかを見るのはとても興味深く楽しいことでした。それにしても台詞はともかく、実際風景の描写などは表現が凝っていて英文が難しい。

その後またじっくり読もうと思いながら、あっという間に時間が過ぎ去りました。人生は何もしなくても無残にも時間はどんどん過ぎていくのですね。

そこで今年は「赤毛のアン」をじっくり読み返すことにしました。昔読んだ村岡花子訳バージョンと松本侑子訳バージョンと原書を比較しながら、ゆっくりと読み返しすてきな言葉や表現を堪能してみたいと思います。実は1年半前に自分のホームページの中に「赤毛のアン」と言うページを作ったものの、先に進まず止まったままになっているのです。何とかしなくちゃ・・・何でもすぐ飛びつくけど後が続かない。困ったくせです。

またこの物語の舞台となったプリンスエドワード島にはいつか必ず行ってみたいと思います。以前から行きたいと漠然とした憧れは持っていたけれど、おそらく旅費がとてつもなくかかりそうだし夢のまた夢ではないかと勝手に決めつけていたのです。新春の番組を見た後、ネットや本屋で調べてみたところ何だか行けそうな気がしてきました。

写真は1年半前に見つけた函館の「グリーンゲイブルズ」。赤毛のアンをイメージして作られたカフェです。オーナーはきっとアン好きが高じてこうなったのでしょうね。「好き」という気持ちを大切にしてついにこんなもの作っちゃったこのオーナーはすばらしいなあと思わずにはいられません。二人で一緒に撮った写真をここでお見せできないのが残念ですが、「私がアンです!」って雰囲気が漂ってました。好きなものを好きとこんな風に主張できるなんて、ホントにすごいことです。ここで食べたアップルパイは信じられないほどおいしかったです。以来、ここのアップルパイよりおいしいものにはなかなかお目にかかれません。アンのレシピだったのでしょうか。右の写真はグリーンゲイブルズの前。ここに行った時も「いつかはアヴォンリーのグリーンゲイブルズに行きたい」と思ったものです。

2008年1月 7日 (月)

書くこと

昨日家計簿について書きましたが、家計簿をつけることもそうだけど、何か目標を持ったり改善したいことがあったら文字にして書き出してみるというのは何だかとても大事な事のように思います。きっと物事を客観的に眺めることが第一歩なのですね。

「いつまでもデブと思うなよ」という本を書いた人は確か一年で50キロ減量に成功したのだけど、この人は毎日食べたものをもらさず克明に書いていったそうです。よく夢をかなえるための第一歩として夢を書き出すと良いと聞きます。「書く」という単純な行為により、夢がより具体的になり、夢を意識することができ、それによって夢に到達しやすくなるもののようです。きっとこの本の作者も書くことにより常に意識がそこに集中されて、大きな成果を生んだのではないかと思います。書くこと侮るべからず。

よーし、私も今年の抱負、今年の目標、今年の夢、書くところから始めようっと!

2008年1月 6日 (日)

家計簿

Kakeibo  Furoku_photo04


「家計簿をつけ生活を見直しお金を貯める」というのが私の新年の抱負の一つです。

自慢じゃないけどこれまでの人生、家計簿をつけても続いたためしがありません。思えばどれほど挫折を繰り返してきたことでしょう。

毎回「今度こそは」と意気込んで家計簿を買って来る。すると一刻も早くつけたくなり、明日が来るのが待ち遠しくなり、そして待ちきれなくて明日の分までつけたりする。しかしその意気込みもそう長くは続かない。明日の分までつけてたと言うのに2日、3日、4日・・・10日とまとめてつけるようになり、そうなるとお金も合わなくなり、合わない額も最初は十円単位、それから百円単位、千円単位、最後は万単位になってくる。いやになって投げ出す。「大体どうせ赤字で足りなくなるんだからつけてもつけなくても一緒だ」とついには開き直る。それを繰り返すうち、もう何年も前に家計簿をつけるのは私の性に合わないのだといつしかあきらめました。コンピュータならできるかもと思って試した時もあるけどやはり挫折しました。

主人には家計簿もつけられないとことあるごとに文句を言われっぱなし。「つけていたことだってある!」と反論すると、「お金の流れが全くつかめていない」「つけっぱなしで何にもならない」「予算・決算をしないから役に立たない」「お前みたいに要る物は要る」と言っていたら生活が成り立たないだろう!」などなど散々言われ続けてきたのです。そこで2年半ほど前に謹んで家計のやりくりを全て主人に引渡しました。私は自分が買い物してきた分はレシートを財布の中に入れておくだけ。

それで良くなったかと言えば、とんでもない!確かに家計簿はつけているが大雑把過ぎて何が何だか私にはさっぱりわからない。本人にはわかっているのかも知れないが、例えば主食・副食・嗜好品・外食すべてを食費にしているので食費の中身はわからず、自分で財布を握っているので、それ幸いとばかりに、もともと多かったお酒の量もさらに増えました。

これではたまったものではありません。今度こそ最後のチャレンジです。穴の開いたバケツのように野放図にお金を使っていては行く末が案じられる。娘が昨年末に買った「すてきな奥さん」の新年号に「お金が貯まる!家計簿」が付録でついてきてこれが使い勝手が良さそうだと教えてくれたので私も同じ物を早速買ってきました。

この家計簿は毎日の支出を書き込む「本体」と集計ができる「集計ノート」に分けられていて集計と家計診断がしやすくなっています。カラフルだしかわいいし、持ってるだけでいかにもうまく家計管理ができそうな感じがしてきます。今は収入の少ない分を埋めるために毎月貯金を切り崩しながらの生活なので、指示通りに予算を立てると最初から赤字確定でしょっぱなから意欲がそがれたものの、何とか立ち直りそれなりに何とか予算も立てました。貯金を切り崩しても赤字になってもその一方で貯める所存であります!

娘も今年から家計簿をつけるらしいので、「励ましあってがんばろうね」と言っています。(娘には「はあ」と気のない返事をされましたが。)

京都に住んでいる妹に話したら「いつまで続くかね?」と言われたけど、妹よ、一年後を見よ!

あ、それからかわいらしい「リラックマカレンダー」と「リラックマ手帳」が付録でついていたのでとっても得した気分です。左は家計簿。右の写真はリラックマ手帳。

2008年1月 5日 (土)

新しい口紅

新年2日目、「のだめ」を見終わった後、娘とジャスコに買い物に出かけました。

二つもあったはずの手袋、ついこの間まで車の中に置いてあったはずなのに二つとも行方不明になり困っていたので、まず手袋を探しました。淡いベージュでリボンがついている暖かそうな手袋を見つけすっかり気に入って買いました。しかも580円と言う何故か信じられない値札がついてました。(ひょっとして千の位を書くのを忘れたんだろうか・・・って一瞬思ったくらいです。)これなら白いダウンジャケットにも似合うし黒のコートにも似合う。娘はかわいいグリーンとベージュの縞々のマフラーを買いました。ワンピースにとっても良く似合ってます。

さてその後は、カネボウ化粧品に立ち寄り新色の口紅を買いました。コフレドールという新ブランドのものなので残念ながら割引がきかずどうしようかと迷ったけれど、娘からの評判も良く、あまりのかわいさに負けてしまいました。3000円プラス消費税。新しい手袋と新しい口紅。すっかり満足して幸せ気分で帰ってきました。

娘が夜、遊びに出かけるのでつけさせてと言うので、買ったばかりの口紅を貸してあげた。娘がつけた後不満そうに言う。「ママみたいにかわいい色にならないよ」。口紅はつける人の唇の色で微妙に色が変わるのです。この口紅は私のために作られたものだったのね・・・と勝手に決めた私でした。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年4月 »