フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 「赤毛のアン」の記念切手 | トップページ | "Alice's Adventure in Wonderland"の言葉遊び(その2) »

2008年6月28日 (土)

"Alice's Adventure in Wonderland"の言葉遊び

"Alice's Adventure in Wonderland"(「不思議の国のアリス」)をウォークマンで何度となく聞いていますが、子供向けに書かれたものとは言っても、英語がやさしいかと言うとそういうわけではなく、一筋縄ではいかないところが多々あります。大人になってからぜひ原書で読んでみたいと思い、いざ手に入れてみると実は思ったより難しくてがっかりした記憶があります。

それが20年くらい昔の話です。それ以前は原書自体あまり読んだことがなかったので、当時は自分の英語力の不足のせいだと思ったのですがそういうわけでもなかったのでしょう。今考えると大人向けの読み物でも「アリス」よりずっと易しいものはいくらでもあるし、新聞記事などはもっと楽に読めるのです。

最近また茶色く変色した原書を取り出して聞き取れない部分を確認したり、それでもわからないところを知りたくて、ネットで日本語訳を探したり、ブックオフで文庫本の訳本を買ってきたりしました。それでわかったのは「アリス」には数多くの翻訳者がいて、それぞれに訳し方が大いに違っていることです。人によってこうも違うのかと驚くばかりです。子供の頃に読んで夢中になったのは誰の手になる翻訳版だったのでしょう。

アリスには「言葉遊び」がたくさん出てきて、それがわかればおもしろいところでもあり、わからなければ「???」と混乱するところでもあるのですが、ウォークマンで朗読を聴きながらわからなかった部分を早速いくつか調べてみました。たとえばこんな部分です。

アリスがねずみに「どうしてねこと犬が嫌いになったのか」を話してくれるように頼む場面があります。ねずみは答えます。
"Mine is a long and a sad tale!"(「私のは長くて悲しい話 (tale) だ」)・・・・・・

・・・・・・"It is a long tail, certainly,"said Alice, looking down with wonder at the Mouse's tail;
(「確かに長い尾 (tail) ね」とねずみの尾 (tail) を見ながらアリスは言いました。)

ここでは tale=お話 とtail=尾 がかけられています。

私の買ってきた本には「話」と「尾」の横にカタカナで「テール」と振り仮名がつけてありました。

ネットで見つけたある翻訳では次のようになっていました。

「確かに長い『尾話し』ね。」
これはなかなかすばらしい訳だと思いましたが、全てのしゃれの部分をうまく日本語で言い表すのは難しく、やっぱり英語で読んでこその言葉遊び、英語のまま読んでこそおもしろいのだと再確認しました。

なお、"Alice's Adventure in Wonderland"のオーディオ・ブックはこちらで聞くことができます。バックの音楽もすごくいいですよ。

« 「赤毛のアン」の記念切手 | トップページ | "Alice's Adventure in Wonderland"の言葉遊び(その2) »

1.英語の話」カテゴリの記事

3.英語の本(原書)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「赤毛のアン」の記念切手 | トップページ | "Alice's Adventure in Wonderland"の言葉遊び(その2) »