フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 携帯その後 | トップページ | 「ラスベガスをぶっつぶせ」 »

2008年6月 8日 (日)

英語多聴のすすめーVOAのSpecial English

よく英語を英語のままに理解するにはやさしい本を多読・速読するのが良いと言われます。

リスニングについても同じことが言えるように思います。私自身は最近はもっぱら LibriVox というオーディオ・ブックのサイトからウォークマンに好きな小説をダウンロードして、聞き続けています。ウォークマンの良いところは、「ながら」ができるところです。犬の散歩や家事をやっている時に、楽しみながらリスニングができます。

さて昨日、私の教室の英語の生徒さんにちょうど良いかもしれないと思いついて久しぶりに訪れたVOAの Special English 。中身がバラエティに富んでいるし大変面白いと改めて見直しました。英語がゆっくり読まれていて聞き取り易く、また文章を目で確認することもできます。興味のあるトピックを選び一度聞いてから文字で確かめると良いと思います。

いくら「やさしい英語」と言ってもお子様用のものでは大人はつまらない。やはり内容が大人向けでなくてはおもしろくない。英語の本もいくらやさしくてもお子様用ではつまらないのと同じです。

一つのトピックは3~15分くらいで結構まとまった内容で興味がそそられます。先ほど聞いた「若草物語」(Little Women)の作者である Louisa May Alcott についての話は大変に興味深いものでした。彼女のほかの作品や別の名前で書いた小説についての話もあり、読んでみたくなりました。「ルーシー・ショー」にまつわる話もおもしろかったです。(「ルーシーショー」がわかる人は相当な年齢になりますね・・・)

学習者向けに作られていて英語がかなりスローなので、これで物足りない場合は普通のVOAを試してみて下さい。

« 携帯その後 | トップページ | 「ラスベガスをぶっつぶせ」 »

2.英語勉強法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯その後 | トップページ | 「ラスベガスをぶっつぶせ」 »