フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ロンドン一人旅その7 | トップページ | ロンドン一人旅その9 »

2008年7月22日 (火)

ロンドン一人旅その8

さんざん歩き回ってもう気力が残っていない、でもまだ時間はあるから、翌日に行く予定だった「シャーロック・ホームズ博物館」行くことにしました。サウス・ケンジントンの駅から今度は地下鉄で行くことにしましたが、この駅の中で目的のホームに着くまで恐ろしく長い距離を歩かされることになりました。こんなこともあるんですね。こうと知っていればバスにしたのになあと思いながら歩きました。

1.地下鉄の長い通路
2.サウス・ケンジントン駅のプラットフォーム 古くて味があります。

London49 London44

ベイカー・ストリート駅に到着。駅の前にシャーロック・ホームズの像があります。「シャーロック・ホームズ博物館」に入場料を払って入りました。中には物語の再現やホームズゆかりの道具などがあります。

1.駅前のシャーロック・ホームズ像
2.シャーロック・ホームズ博物館入り口
3.赤毛連盟の再現(蝋人形)

London45 London48 London47

近くのカフェでお茶とスコーンを食べてからホテルのあるラッセル・スクエアに戻ります。少し休憩して地下鉄にも乗って休んだら、またちょっと元気が出てきたので、ホテルに戻る前に近くの「大英博物館」に寄り道することにしました。木曜と金曜は夜11時まで開いています。この日は7月11日の金曜日。ここも無料です。すっかり夜遅くなってしまい全部は見られませんでした。もっともすべて見るには半日はかかるでしょう。(もっと?)

1.大英博物館グレート・コート
2.大英博物館「ラムセス2世胸像」
3.大英博物館正面

London43 London50 London51

さて、この頃には雨がざあざあと降っていました。ロンドンの天気はうそのようにころころ変わります。

ホテルはすぐそばだけど、どこだろう?探しながら歩いているとタイ料理の店がありました。なんだかおいしそうだし、お米も食べたかったので中に入りました。店の名前は"Booncho" 大英博物館のすぐそばです。ベジタブルカレーとライスで8.50ポンド。おいしくて手ごろな値段です。人があまり入っていなかったようなのでぜひこのお店を宣伝したいと思います。今ネットで調べたらありました。こちらです。

このお店で一人で座っている女性を発見。そちらを見るとにこっと微笑んでくれたので、私もにこっと微笑み返し。「一人?」ときくとそうだと言う。「ご一緒しても良いですか?」と聞くと「良いですよ」と言うのでご一緒させてもらいました。

ノルウェーから一人で観光に来ているのだそうです。2週間の休暇で、一人で旅行している理由は「一緒に行く人を待っていたら一生どこにも行けないかも知れないから」と私と全く同じことを言う。そして西洋料理よりフランス料理より、日本料理やアジア料理が好きで、この店を見つけた時はうれしかったと言う。あ、それも私と同じじゃない!!それですっかり意気投合し、彼女はすでに食事が終わっていたにもかかわらず、私の食事に付き合い、ずっとおしゃべりに花が咲いたのでした。大変美人で素敵な人でした。今頃はまだ旅行の最中かも知れません。名前とアドレスの交換をし、例によって記念撮影もしました。"Muffin Man"というカフェに行ったという話しをすると、そのネーミングを彼女もおかしがって二人で笑いました。

1.タイ・ベジタブルカレー
2.タイレストラン"Boonchoo"
3.タイレストラン"Boonchoo"店内

London52 London54 London55

そう言えば、ロンドン到着の日に「シャーロック・ホームズ」パブで知り合ったスウェーデンの女性には、すでにメールを書き一緒に撮った写真を送ったところ、早速翌日返事が返ってきたのでうれしかったです。ブログを書いている最中だと知らせると、アドレスを送ってほしいと言われました。日本語は読めないけど写真だけでも見たいと。

ヨーロッパの人たちは英語が話せることは当たり前のようです。ノルウェーからもスウェーデンからもロンドンへは2時間ほどで着いてしまうのですから、日本で言えば新潟から北海道か九州に行くような感じです。日本にいると周りには日本人しかいないし、これでは語学の見地から見ると日本人はずいぶんと不利だなあと思わずにはいられません。

« ロンドン一人旅その7 | トップページ | ロンドン一人旅その9 »

6.海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン一人旅その7 | トップページ | ロンドン一人旅その9 »