フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ロンドン一人旅その4 | トップページ | ロンドン一人旅その6 »

2008年7月19日 (土)

ロンドン一人旅その5

テムズ川の風景を見ながらウエストミンスター橋を渡ります。途中バグパイプを演奏するおじさんがいました。横に置いてある箱には "I promise I will not be embarrased if you put money in this box."(この箱にお金を入れてくれても私は全然決まり悪く思ったりしませんから) と書いてありました。写真をとらせてもらったんだから、少しくらい入れてあげれば良かったなあと後から思いました。

目指しているのは「シェイクスピア・グローブ座」。グローブ座は17世紀にシェイクスピアが多く初演された円形野外劇場で1997年にテムズ南岸に再現されたものだそうです。中央の舞台の周りに立見席があり、立見席を囲むように桟敷席があります。ガイドブックで見てぜひ行ってみたいと思い、インターネットで調べてみると、7月12日(土)が「リア王」の初日になっていました。しかし1ヶ月前ですでに満員御礼、残っているのは立見席のみ。しかしよく見ると、"Call for availabitily."(電話でお問い合わせください)と書いてあるではないですか。

そこで国際電話をかけ結構良い席を予約することができました。私の席は27ポンド、一番高い席で33ポンドでした。1ポンドはこの時213.112円で日本円で
5754円の引き落としになっていました。旅行会社やエイジェントを通すと高くなりますが、直に買えばミュージカルや劇場のチケットは日本より安いと思います。

この日はまだ10日(木)なので場所の確認と、チケットを取りに行っただけです。(1ヶ月も前に日本から電話でのやり取りだけだったので本当に予約できてるかも実は心配だったんです。)素敵な外観を眺めてきました。

ミレニアム橋を渡り再びテムズ北岸に戻ります。ミレニアム橋は歩行者専用です。その先に見えるのはセント・ポール大聖堂。なんとすばらしい雲でしょう!

1.ウエストミンスター橋からの風景、左に見えるのはロンドン・アイ
2.ウエストミンスター橋の上でバグパイプの演奏
3.シェイクスピア・グローブ座
4.ミレニアム橋からみたセント・ポール大聖堂

London22 London23 London24 London25


« ロンドン一人旅その4 | トップページ | ロンドン一人旅その6 »

6.海外旅行」カテゴリの記事

コメント

英国、素敵。懐かしいです~。
私がロンドンで見た初めての外の景色は、
トラファルガースクエアの像で、
ヨーロッパに来たんだと、とっても
感動したのを覚えてます。
画像を見てると、バグパイプ聞こえてきそう。
ただロンドンアイが、どうしても、
周りの景色とミスマッチな気がして。
どうしてビッグベンのそばに作ったんだろう??

海外旅行のオーソりティ、ヘレンさん

どうなんでしょうね~そう言われればそんな気が・・・行く前に雑誌で毎日見てたので、私には見慣れた風景だったのであまり思わなかったけど、そうかも。

ロンドン・アイはミスマッチか新旧の融合か?
賛否両論なんでしょうね。

いずれにしてもロンドンは古さと新しさが同居しているところだと実感しました。市庁舎もずいぶんユニークな建物でした。今回ゆっくり見られなかったところ、また行ってみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン一人旅その4 | トップページ | ロンドン一人旅その6 »