フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 英語リスニングサイト | トップページ | "The Woman Who Walked into the Sea"の著者インタビュー »

2008年9月30日 (火)

「最後の初恋」

「最後の初恋」 "Nights in Rodanthe" を見ました。リチャード・ギアとダイアン・レイン主演の映画です。

たっぷりロマンチックな気分に浸り、今も切なくやるせない気持ちが覚めやらぬ私。私は特にリチャード・ギアのファンだったわけではないけど、ちょっと年取ったこのリチャード・ギアがとっても良かった。今完全に fall in love 状態です。安っぽい恋愛モノは実はそれほど好きにはなれない私ですが、「どうせ作り事」と思いながらも感動しました。ああ、私もあんな恋がしてみたい・・・ただどうせ作りものならハッピーエンドにしてもらいたかったなあ。

この映画の原作が Nicholas Sparks というのを知って納得です。この作者のペーパーバックはこれまでに2冊読んでいます。1冊は"Walk to Remember" 泣ける純愛小説でした。10代の男女が主人公で、単純なストーリーながら筆者のテクニックに引き込まれ一気に読んでしまった作品でした。

もう1冊は"Message in a bottle"。こちらは大人のラブロマンス。展開がスローでかったるくて最初の方、飛ばし読みした記憶があります。「こんなこと現実にあるわけないでしょ」等と思いつつ読みました。二冊とも易しい英語で書かれていて、割と大きな字で字間もあいているので読みやすく、ちょっとばかりロマンチックな気分に浸りたい時にちょうどよいペーパーバックです。私は"Walk to Remember"の方が好きだったけど、私の友人で"Message in a bottle"を読んでものすごく感動していた人がいました。

ところでこの映画の中で、"One weekend changed my life forever."って言うリチャード・ギアの台詞があったのですが、「どっかで聞いたような???」と思っていたら、"Walk to Remember"の初っ端にこういう台詞がありました。"When I was seventeen, my life changed forever."

この作者の作品はどうやら同じような言い回しが繰り返されているのかもしれないですね。

あ、それから、映画を見ながら思ったんですが、リチャード・ギアって小泉元首相によく似てる。若い頃はわからないけど、年取ったら似てきたのでしょうか。この二人が私の中で完全にダブっています。いい男は似るのかな?

« 英語リスニングサイト | トップページ | "The Woman Who Walked into the Sea"の著者インタビュー »

3.英語の本(原書)」カテゴリの記事

5.洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英語リスニングサイト | トップページ | "The Woman Who Walked into the Sea"の著者インタビュー »