フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« "A Little Princess" | トップページ | "Dewey" »

2009年2月19日 (木)

"The Shop on Blossom Street"

Blossomstreet_2

"The Shop on Blossom Street" by Debbie Maccomber
出版社 Mira
408ページ

読み出したらなかなか止められず一気に読んでしまいました。ページ数も大分あり、文字も細かめでしたが、英語の文体も語彙も易しかったので、のめり込んで超スピードで読み終えました。これには続編、続々編まであるようなのでぜひともすべて読みたいと思っています。

シアトルのブロッサム・ストリートに "A Good Yarn"と言う小さな毛糸屋さんを 開いた Lydia 。そこで初心者向けの編み物教室を始めます。そこに生徒として集まってきた女性3人と Lydia 。生まれも育ちも年齢も(下は20代上は50代)生活レベルも環境も何もかもが全く違う、まるで接点のない4人の女性が、この教室で出会いともに過ごすうちに次第に友情を育んでいきます。

51章からなるこの本の1章1章には4人の女性の名前が交互にタイトルとして挙げられています。各章ではその女性の話が中心となって語られながら、それぞれが絡み合い、見事に全体として話が進展していきます。ちょうど4人の女性の人生模様が交互に編みこまれて1篇の作品となったかのようです。

ちょうど話が盛り上がり「この先がもっと読みたい」と思うところで話が次の女性に変わる。ちょうど続きが気になるところで終わる連続ドラマのような感じです。話がどう進展するか知りたくて先のページをめくってみても、章とともに話が進展しているので読み飛ばすわけにもいきません。この巧みな手法で読者は最後までひきつけらるのかもしれません。

4人の女性の人生それぞれに共感したり、一緒に泣いたり笑ったり。もう私もシアトルに飛んで行って仲間に入れてください!って気分です。私も編み物始めるべき?(ちなみに機械編みはその昔相当やりましたが、手編みはまだろっこしくてせいぜいマフラーくらいしか編んだことがありません。)

ところでペーパーバックを読むのは英語の勉強でもあり楽しみでもあり一石二鳥と思っていますが、特に勉強としては自分が実際に英語を書いたり話したりする時に使える表現や単語をピック・アップ(聞き覚える・見覚える)したいという意識を常に持って英文を読んでいます。こういう読み方をすると確かに読む速度はスローダウンしてしまいますが、いたし方ありません。まあ、あまりおもしろいとつい読み飛ばしてしまうこともありますけどね。さて、第2作目の "A Good Yarn" 注文しなくっちゃ!

« "A Little Princess" | トップページ | "Dewey" »

3.英語の本(原書)」カテゴリの記事

コメント

とってもご無沙汰しております!
お元気そうでなによりです。
でも腰痛はつらいですよね。私もこの頃悩まされています><

私はまた性懲りもなく英語の勉強をしているのですが、同じような所を行ったり来たり、なかなか上達した感じもしなくて、それでもなんとか頑張っています。
やっぱり先生はすごいなー!と、ブログを読ませていただきました。
私ももっと愛と情熱をもって英語に挑まなきゃダメですね。

バイトでちょっとだけ、高校の修学旅行にアテンドしたことがあるのですが、引率に来るのは英語先生が多いのに、どういうわけだかしゃべれない人が多くて、現地の先生が「It's time to go to the airport.」って言ったのに、「え?ゴート?ヤギですか?どこ?どこ?」とキョロキョロされた時は、生徒さん達もいたし、現地の先生も不思議そうな顔をしていたし冷汗がでました。
でも私も日々こんな間違いの繰り返しです。

わあ、びっくりですw(゚o゚)w

旧姓・・さんは風のうわさでは今オーストラリアだとか?だとしたら英語の勉強には最高の環境ですね。

失敗は成功の元。間違えて上達するんだと思います。メール送りますので、近況教えてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "A Little Princess" | トップページ | "Dewey" »