フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ブログ復活 | トップページ | いかめし »

2009年7月 1日 (水)

「ほんとうの空色」

小学校の頃、と言えば今から40年以上も前のことになるのだけれど、そんな大昔のことだから近所には本屋なんてものはなく、あの頃の私にとって本と言えば図書館にあるものかまたは希望者だけが学校で一括して買ってもらう「小学○年の学習」という月刊誌のみでした。

私は人と話すことが苦手でいつも一人で本を読んだり夢想ばかりしているような子供だったので、この学習雑誌が何よりの楽しみでした。多分小学3,4年の時だと思うのですが、付録に「ほんとうの空色」という小さな本が付いてきてそれがおもしろくておもしろくてそれこそ空にも昇りそうなくらいワクワクしました。この本について大人になってから人に話したことがあるのですが、知っている人はいませんでした。

ふと思いついて最近アマゾンで調べてみると、何と岩波少年文庫から出ているではないですか。時々思い出しては、「付録についてくるような本だから、そんなに有名な本ではないだろうし、もう二度とめぐり合うことはないだろう」と思っていたのに、見つけたときはうれしい驚きでした。ただ岩波少年文庫のこの本の第1刷は2001年となっているので私が昔に読んだものとは翻訳が違っているようです。英語で読もうと思ったのですが、実はハンガリーの作家でハンガリー語が原書でした。

「ほんとうの空色」とは、塗るとほんとうの空になる絵の具のことでした・・・「それじゃ何のことかわからん!」というコメントをする人がいたので、少し解説を加えると、朝太陽が昇り、青空が広がり雲が流れ、夕方になると日が沈む、夜は月が出て星がまたたき、雨の日はどんよりとして雨が本当に降ってくる。その不思議な絵の具で空を塗るとそんな本物の空になるのです。主人公の少年は屋根裏部屋にある大きな道具箱の蓋の内側一面に「本当の空色」を塗り、夜になるとその中に入って夜空を楽しんでいました。ちょっと違うけど、お台場にある「ヴィーナス・フォート」のようなものを想像してみてください・・・「そんな絵の具が私にもあったら」と当時は空想にふけったものでした。

昨日アマゾンから届いて早速読んでみましたが、ワクワクして懐かしく、何だか小学校の同窓会で昔のクラスメート達にあった時のような気分でした。そう言えば、人と話すのが苦手だったにもかかわらず学校の休み時間によくこの「○年生の学習」の付録についてくるお話をクラスメート数人に読み聞かせをしていたのを思い出し、どうしてそんなことができたのかと今考えると不思議です。多分1年から4年生くらいの間のことだったと思います。本を上手に読むことができるようになったのが人より早かったからではないかと思います。また、ワクワクした気持ちを自分の中だけにしまっておけなかったのかもしれません。

やがて主人公の少年が半ズボンにうっかり落とした絵の具の汁でできた小さな空(それが唯一残った最後の空でした)に別れを告げ、すっかり小さくなったそのズボンを脱ぎ捨てた時、彼は少年から大人になったのでした。二度と戻らない私の遠い子供時代と重なり、ちょっぴり切ない気分になりました。

« ブログ復活 | トップページ | いかめし »

9.日記」カテゴリの記事

コメント

6/30、7/1のブログを読みました。
46年ぶりの同窓会は、異常に興奮しました。
それが土日にあったのに、その興奮は火曜日あたりまで続いていたように思います。
なぜそのように興奮したのかと考えてみると、
第一に集まったみんなが、この46年の間に自分の世界を築き上げていて、それが私のことのようにうれしかったからではないかと思います。
第二に、集まった女性はふけず、みんな若々しく、私の内に恋心を醸し出したのではないかと思います。
そして、何よりも、みんなが節度をもって語らいあえたことが、喜びの余韻となったのではないでしょうか。

「ほんとうの空色」の話は、なぜか惹かれました。
私の全く知らないみっチャンの世界だったのですね。
私は当時、いたずらが過ぎて、よく叱られ、そう、大野先生にはこんこんと諭されたのを記憶しています。
「ほんとうの空色」は、読んだことがないのですが、私が高校の時に夢中になった Peter Paul & Mary の Puff the magic dragon lived by the sea.・・・を思い出します。
子供の成長をみる喜びとほんの少しの寂しさ。
この前の小学校の同窓会の後の心模様と似ているかもね。
そう、同窓会の余韻の中に、みんな遠くへ行ってしまった現実への寂しさが混ざっているかもしれません。

コメントありがとうございます。同窓会で会えて本当にうれしかったです。また次の機会を楽しみにしています!

「ほんとうの空色」の話、あの記事を読んで「よく分からない」と言う人がいたので若干解説を追加しました(* ̄ー ̄*)hideoさんはきっと想像力が豊かなのかもしれないですね。

「うっかり落とした絵の具の汁」から広がった世界で、思い出す詩があります。
ずっと前の気がめいっていた頃に読んだ丸山薫の「白い自由画」です。

「春」という題で
私は子供達に自由画を描かせる
子供達はてんでに絵具を溶くが
塗る色がなくて 途方に暮れる

ただ まっ白い山の幾重なりと
ただ まっ白い野の起伏と
うっすらとした墨色の陰翳の所々に
突刺したような疎林の枝先だけだ

私はその一枚の空を
淡いコバルト色に彩ってやる
そして 誤って まだ濡れている枝間に
ぽとり! と黄色の一と雫を滲ませる

私はすぐに後悔するが
子供達は却ってよろこぶのだ
「ああ まんさくの花が咲いた」と
子供達はよろこぶのだ


これは、丸山薫が雪深い山形県の小学校で、
教師をしていた頃の詩のようです。
まんさくの花は、雪国の春、一番先に咲き、
春を告げる花のようです。

子供達の自由な発想に、心が洗われます。

like Simon さん

素敵な詩を教えてくれてありがとう。雪国に育った私たちも春の訪れがうれしかったことを思い出します。

 こんにちは!
私も 同じく「ほんとうの空色」が懐かしくて、michikoさんと同じ頃amazonで見つけました。たぶん同い年で、英語を教えていることも同じ、びっくりです!

Hitomiさん、

同じような思い出を持っている人がいると知って驚きました。すごくうれしいです。なんか子供のころの秘密を共有しているような感じです。

Hitomiさんのサイトにも行ってみました。使ってらっしゃるBBカードについては耳にしたこともあるのですが、詳しいことも知りたいです。私は今「ことわざかるた」を使っていますが、使える学年と使えない学年があります。(理想と現実の一致はなかなか難しいです。)英語が口をついて出てくるという点では同じ考え方のようにも思えます。

また、Hitomiさんのサイトにお邪魔させていただきます。

小生もmichikoさんやhitomiさんと同じ小冊子を読んだ者の一人です。あの本のことはいまだに深く記憶に残っています。何事も吸収する時期のことだし、ほかに読む物が潤沢にあったわけでもないので、きっと何度も読み返したのだと思います。変なおばさんに連れられて行った花畑の青い花の汁で絵具を作るんでしたか?最後は絵の中の空に激しいに雷が起こって絵が燃えてしまったように記憶していますが、当てにならないな。
「ほんとうの空色」の他にも「破壊マシン」(宇宙戦争もので、なんと空間を消滅させてします兵器)とか「人形遣いのポーレ」(長じて後、シュトルムの原作本を読んでまた感激)なんかも記憶に残っている冊子です。
なお、小生は英語は苦手です(英語の歌を歌うのは大好きですが)。

ノーリツ号さん、

同じ思い出を共有する人がまた一人ここにいらっしゃったことが、すごくうれしいです。

ノーリツ号さんの読まれた後二つのお話は読んでいないのですが、ぜひとも読んでみたいと思います。
読んだら連絡します。

Michikoさん、 お返事ありがとうございました!
ノーリツ号さんも 同じ思いでいらして、お仲間がいて嬉しいです!

Michikoさん、ことわざカルタは 富士の友人が作ったものだと思います。 いいですよね。
BBは フォニックスと3級程度の文法を網羅しているところがことわざカルタより「教材」としての完成度が高いと思います。私たち専任講師が各地で入門講座を開いているので、よかったらお出かけ下さい。

Michikoさん、 お返事ありがとうございました。
さっそくアマゾンで注文して読みました。
懐かしかったです。本当の空色の絵の具で塗ると本当の空になるという点以外は、ほとんど覚えていませんでした。でも、板の上に載って聖者と勘違いされるくだりは、カットされていたんじゃないでしょうか。
最後にジュジに促されて半ズボンから長ズボンに変えるというのは、上手くお話をまとめ過ぎかな。

雑誌の付録の小冊子は、おそらく中学生の学習雑誌にもついていたんじゃないでしょうか。ぼくは、そっちの方をよく覚えている(当たり前か)ような気がします。

前に書いたほかに、
「ゼンダ城の虜」とか、地下室にいつの間にか大きな豆が持ち込まれていて、その家の人のクローンが成長し、ある日突然入れ替わってしまう地球侵略ものの「豆」これは怖かった。本当に怖かった。(後にフィニーの「盗まれた街」とわかり読んだがやはり怖かった)

インターネットのおかげで昔読んだ本の内容が検索できて、手に入れて読み返せるようになったのは、幸せですね。

ノーリツ号さん、
私も覚えています。聖者と勘違いされるというくだり。みんなに見せようと持ち歩いているうちに本が行方不明になったので、確認できないでいます。子供の頃読んだものを大人になって読み返してみると、また違う読み方になって興味深いですね。

アマゾンで調べてノーリツ号さんの読まれた本を注文しましたが、手違いでまだ手に入っていません。早く読んでみたいです。

Hitomiさん、

ことわざかるた、使い古しています。お友達が作られたものなんですね。BBカード、新潟方面で講座がある時には教えていただけるとう入れしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログ復活 | トップページ | いかめし »