フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 和太鼓 | トップページ | けがの功名 »

2009年7月22日 (水)

見えた!!

1109 1120 1554

今日は朝からテレビでは皆既日食の中継が行なわれて、大騒ぎ。奄美大島や屋久島などで皆既日食に入ると辺りは真っ暗になり宇宙の不思議さ神秘さを感じました。今のような知識がなかった頃、人々はこの不思議な現象をきっと神のなせる業とどんなにか恐れおののいたことだろうと遠い昔に思いを馳せました。

ここ新潟県三条市は朝からどんよりとした空模様。部分日食が見えるのはここでは11時過ぎくらいだろうと、家の窓から曇り空を見上げたところ、何と雲のフィルターを通して太陽がはっきり見えたではありませんか。

たまたま家に来ていた娘と息子を呼び三人で大フィーバー。「そうだ、写真だ」とそれぞれ自分のデジカメを持って来てパチパチ写真を撮りまくりました。太陽は肉眼では勿論、サングラスでも目をやられるから直に見てはいけないと警告されていました。日食グラスで見るか、テレカの穴を利用して投影させてみるのが良いなどとテレビでは言っていましたが、曇り空が効を奏し肉眼でしっかりと見えてしまいました。

テレビでレポーターが言っていました。皆既日食が起きると動物は行動に異変がおき、人間は「我を忘れる」などと言っていましたが、我が家の三人も我を忘れそうな勢いでありました。

やがて雲が全部なくなって完全に太陽が出てくるとまぶしくてもう見られませんでした。直視するなと言われなくても直視は実際無理な話です。でも一瞬ピカーっと光る太陽をまともに見ちゃったんだけど私の目、無事なんでしょうか。何だか今もくらくらする気がするんですけど。「みみほら」ならぬ「めほらの主」が軽い脳震盪を起こしているんじゃないかしら。

子供の頃みんなでガラスを黒く塗って日食を観察したのを覚えていますが、あれでみんな目は大丈夫だったんでしょうか。

今日来た小・中・高生の生徒さん達に聞くと、ほとんどみんな学校の授業中や休み時間に「見た」とのこと。

さて、1枚目の写真は望遠を使わず11時10分に我が家から撮影。2枚目は望遠を使って11時20分に撮ったものです。3枚目は12時16分撮影で月が通り過ぎて行く様子が時間差で分かります。

« 和太鼓 | トップページ | けがの功名 »

9.日記」カテゴリの記事

コメント

良く撮れてますね。
太陽を撮影するのは難しいのに感心しました。
私は残念ながら日蝕を見れませんでした。
システム手帳にはしっかりと日蝕と記載していたのにその時忘れていました。
そういえば以前もテレビに自分が映ると手帳に書きながら見逃した事がありました。

いや、いや、小さいデジカメで何の技術もなくただシャッター押すだけです。曇ってたから撮れただけです。
calさんは超多忙な人だから忘れるんですよ。優先順序というものがあるんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 和太鼓 | トップページ | けがの功名 »