フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 「剱岳 点の記」 | トップページ | being stupid and being in love »

2009年7月30日 (木)

知らないということ

当たり前のことだけど、人は自分の知識と能力の範囲でしか判断ができません。

昨日映画「剱岳」を見た後、日本山岳会のメンバーがスーツ姿で登山しているのが私には謎でした。そして「西洋の技術や装備を使ったモダンな日本山岳会の登山と測量隊の昔ながらの登山を対照させるためにわざとあのように描いたのかもしれない」と自分なりの結論に達したのでした。

でも実は「衣装や装具は当時の山岳衣装のオリジナルを忠実に再現してる」ことが後からわかりました。

知らないということはこういうことなのです。あの映画を見て私と同じように何でスーツ姿で・・・と思った人もたくさんいたのではないかと思います。真実がわかった今でもあの姿ではさぞ大変だっただろうとは思います。考えてみれば測量隊の人達の衣装も足袋にわらぐつ姿ですから、あれでよく登れたものだと思います。だからなおさら当時の登山の困難さを改めて思わずにはいられません。

物事を正しく判断するには豊富な知識が必要なのだと改めて思いました。また時として「無知は罪悪」と思うことがあります。「知らなかった」ではすまされないことも世の中にはたくさんあるのです。

そこで本日の格言

"The more I learn the more I realize I do not know. The more I rearize I do not know the more I want to learn."

「学べば学ぶほど自分が何も知らないということがわかる。知らないということがわかればわかるほどもっと学びたくなる。」

"the +比較級, the + 比較級"の構文の例文でよくこのような文章に出会うことがあります。ちょっと的外れだったかしら?日々自分の無知を思い知る私です。

« 「剱岳 点の記」 | トップページ | being stupid and being in love »

1.英語の話」カテゴリの記事

9.日記」カテゴリの記事

コメント

知らないと言うこと・・・
正にその通りだと思います。
様々な事象に対し、一つ一つ目の前のフィルターが取れると、この世の中に対する見方はどれほど変わることでしょう。また真実を見ている人々が、物事の見方にフィルターをかけている方々に対しどのような思いを抱くでしょう。
情報が広く共有できる環境が実現し、個人個人が、そのブログで良い出会いが出来る、10年前は考えられなかったことですね。出会いを大切にして行きたいですね。
素晴らしい出会いに心から拍手です。


知ることは喜びです。常に心をオープンに、謙虚さを失わずにいたい。これが意外と難しいのかもしれないですけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「剱岳 点の記」 | トップページ | being stupid and being in love »