フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 継続は力なり | トップページ | ラ・カンパネラ »

2009年9月27日 (日)

鍵盤から奏でる無限の音楽

コロナホール(コロナ本社3階)で行なわれた「小杉真二 ピアノリサイタル」に行ってきました。

連休は実家に帰っていたし、その前後は忙しかった。また明日から忙しい毎日が始まります。中間テストが近いので来週の日曜はレッスンでつぶれる予定です。コンサートのあることだって忘れていて行くまでは、「やっぱり、この日曜は家でまったりと自分の時間を過ごしたかったかも・・・」と思っていました。でも行って良かった!!すばらしかったのです。すっかり引き込まれました。当たり前だけど生で聞くと迫力が違う。

コロナホールのピアノは「ベーゼンドルファー」といい、世界三大ピアノの一つなのだそうです。ピアノには詳しくないですが、華やかな音ではなくこもった感じの音のピアノという印象を受けました。

モーツアルトのソナタから始まり、シューベルト、シューマンの後にリストのハンガリー狂詩曲第2番。超早業の手の動き、ダイナミックでかつ情感あふれる演奏に魅了されました。そしてアンコールは5曲もありました。(実はこれって普通なのでしょうか。)1曲目は何の曲かわからなかったですが、2曲目以降は「エリーゼのために」「幻想即興曲」「ラ・カンパネラ」「ノクターン」(ショパンのノクターンの一つでした)。「ラ・カンパネラ」のタイトルが思い出せず気になってましたが、家に帰ってやっとわかりすっきりしました。ホントに良い曲です。ありえないほどの連打!!

生の迫力に圧倒されました。繊細にしてかつ大胆、ため、間の取り方が絶妙で、まさにピアノが「歌っている」ではないですか。これぞカンタービレ!高音は鈴の音のごとく響きました。多分ホールの大きさも丁度よかったのかもしれません。何人入れるホールなのかわからないですが、私の番号が250番かそこらだったので多分250人位の人が入れるのかなと思いました。(何しろ直前になって前売り券を取っておいてもらったので私が一番最後かなと思ったのです。)

演奏を聴きながら、以前見た「船の上のピアニスト」という映画を思い出しました。原題は"The Legend of 1900"。以前書いたブログを今見ると次のように書いていました。

「生まれた年にちなんで1900(ナインティーン・ハンドレッド)と名づけられたその男はピアノの88個という限られた鍵盤から無限の音楽を奏でます。彼のピアノは時には優しく、時には力強く人の人生を奏でる、人の心を揺さぶる。激しいジャズをひいた時にまるで手が何本もあるように錯覚するすごい演奏・・・と言っても本当に錯覚したわけではなく映画のトリックではあるのだけど、実際に錯覚しているように錯覚するくらいすごい演奏でした。」

後ろの方だったので小杉真二さんの演奏する姿は残念ながらちらちらとしか見えなかったのだけど、彼の奏でる音を聴きながら彼の手は一体何本あるのだと思ってしまいました。ちなみにこのコロナホールにあるベーゼンドルファーは92鍵あるのだそうです。余分の鍵盤には間違えないように白鍵も黒く塗ってあるのだそうですが、いっしょに行った連れの解説によると最後のハンガリー狂詩曲ではその低音部も使うのだそうで、曲の途中で私の腕を「ここだ」と突っついてきたのですが、私は何を言っているのかわからず終わってから判明しました。

小杉真二さんは新潟県白根出身の方で、三条高校の卒業生です。卒業年から察すると38歳か37歳くらいで、イケメンでかっこいい。すごくスリムな人でビジュアル系です。ステージでマイクを手にしてテレまくってのあいさつが好印象で、私はすっかりファンになって帰ってきたのでした。

« 継続は力なり | トップページ | ラ・カンパネラ »

9.日記」カテゴリの記事

コメント

生の演奏は、
心と全身に響いてくるから
感動しますよね。

とても素敵な日曜日の過ごし方・・・・

おまけに小杉さんは随分と素敵な方のよう。
いいなー(←何がいいのか良く分からないけど
書いてしまった。)
そういう「感動」「ときめき」が
日々の生活に潤いを与える。大切だと思います。

お互い忙しい週が始まったようですね。
私はこれから10月末まで、過去最高の忙しさかもしれない。(でもCESは行きますよ!!)
みち子さんも体調くずさないよう
お身体には気をつけてくださいね(^^)

そうなんです。生の演奏は感動します。
がらっと変わって、10月は高橋真梨子に行くことになってます。
またCESで会えるのを楽しみにしてます!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 継続は力なり | トップページ | ラ・カンパネラ »