フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 高橋真梨子コンサート | トップページ | "The Memory Keeper's Daughter"その1 »

2009年10月21日 (水)

胃カメラ

1ヶ月近く、胃の調子が悪く、ついに胃カメラ検査をするハメになりました。

実は胃カメラは何年も昔に経験しています。その時は、先生も怖かったし、多分下手だったのか、それとも私が下手だったのでしょうか。それとも相性が合わなかったのかも知れません。とにかく散々な目にあい、「もう何があっても一生やるものか」と固く心に誓っていました。その体験が長い間トラウマになっていたのですが、今回どうしてもやらざるを得ない状態です。

私のように恐怖心が強い人は麻酔で軽く眠っていてもらうことができると言われました。私の先生のお話だと、意識朦朧とする程度だということですが、そんな選択肢があるならそれに越したことはありません。10年前にはそんな選択肢はありませんでした。

そして、当日(昨日ですが)いざ麻酔の注射を打ちました。看護婦さんが「どうですか?ちょっと朦朧としてきましたか?」と聞いてきました。私は「いえ、パッチリ目があいていて、はっきり目覚めています!!」と全然麻酔が効いてないことをしっかり伝えるために、はきはきと答えました。

そして、その直後に「michikoさん」と看護婦さんから名前を呼ばれました。私は「はい」と力なく答えましたが、その時には、な、な、なんと胃カメラ検査は終了していたのです!!

つまり「はっきり目覚めています!!」と宣言した直後にコテッと寝てしまったらしいです。その後の様子を思い出そうにも記憶が全くありません。名前を呼ばれて目が覚めたのです。でも名前が呼ばれた時はまだ終わっているとは気づかず、「これから始まるのかしら?」などとぼんやり考えていました。

その後1時間~2時間の間、そのまま休み、もうすっかり安心してその間ぐっすり眠ってしまったようです。

家の近くにあるこのクリニックが私のかかりつけになってから久しいですが、私の中でますます信頼度がアップしました。先生、これからもよろしくお願いいたしますm(._.)m.

後で冷静になって考えると、胃カメラ検査されて、喜んでる場合でもないですね。昨日のブログに書いたとおり本当に明日はどうなってるかわかりません。

« 高橋真梨子コンサート | トップページ | "The Memory Keeper's Daughter"その1 »

9.日記」カテゴリの記事

コメント


胃カメラ検査は、二度としたくないと思っていましたが、今は麻酔をかけることも可能なんですね。

結果はその場で出たのでしょうか。心配しています。

Kanakoさん

ご心配おかけしています。
そんなに悪い結果は出なかったけど、ばんざーいって喜べる結果でもなかったの。詳しくはまた今度あったときにでも。

最悪の結果でなく良かったですね。大事にしてください。
胃カメラ、ある程度の年齢になったら毎年必要かな、と思っています。あと大腸ファイバーを押さえておけばおへそから下はそんなに心配要らないようです。
私も身近な方(大腸がんで手術され、命は取り留めましたが、人工肛門の生活を余儀なくされました)から強く勧められて胃カメラは毎年、大腸ファイバーは2年に一度受診しています。
転ばぬ先の杖です。せっかくいただいたこの命と体です。大切にいたわってあげましょう。

Tomさん

ありがとうございます!長い間使っていると身体もどこか具合が悪くなっていくんですね。お互いに身体、大切にしましょう。

 胃カメラ、今日やってきました。お盆の最終日16日。人はやはり少なかったですが、名医と聞き、安心して受けました。毎年受けていますが、いつもこれだけは、憂鬱。心してやりました。「胃が炎症、悪い病気なし」とのことで一安心。
 20年前に初めて受けた時、苦しくて管を我が手で抜こうとしました。1か月くらい、腹の調子が悪かったのを覚えています。

わたしも同じさん、

良かったですね、これで安心ですね。良いお医者さんが見つかってよかったです。

同じということは今回は麻酔を使ったのですか?それともとても上手な先生であまり苦しくなかったのかな?今は管も大分細くなって、鼻からもできるので、随分と楽になったみたいです。私も今は毎年受けていますが、毎回コテッと寝てる間に終わってしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高橋真梨子コンサート | トップページ | "The Memory Keeper's Daughter"その1 »