フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« "Heat and Dust"(Oxford Bookworms Library Stage 5 ) | トップページ | "David Copperfield" (Oxford Bookworms Library stage 6) »

2010年3月26日 (金)

"Memoirs Of A Geisha" (Penguin Readers Level 6)

"Memoirs Of A Geisha" by Arthur Golden
Retold by Michael Dean
102ページ 29,000語

この本は実は今から丁度10年ほど前に原書(ペーパーバックで)で読んでいたものです。教室の生徒さんのために集めている英語多読用の本をすべて先に読んでおきたいというのが主たる理由ですが、実際にこの本がおもしろいことを知っているのでどのように書き直されているかも見たかったのです。原書ではページ数434、字もさらに細かく何倍ものボリュームがありましたが、我を忘れて読んでしまうほどにおもしろいものでした。ペーパーバックの内容や感想は私のHPに載せてあります。こちらです。

本の前書きにもあるとおり、この話は主人公の「さゆり」がテープレコーダーを横に置き自らの半生を作者に語り、それをもとに書かれたものです。「さゆり」や登場人物の死後にのみ発表する、また本名は伏せてという条件であったが、結局その前に発表されることになりました。当時「事実と違う描写がある」として「さゆり」が作者を訴えたいういきさつがあります。

字数制限があるので、削られてしまったエピソードがいくつもあり、原作で感じられた主人公「さゆり」のユーモアやウィットに思わず吹き出してしまうようなところはほとんど感じられなかったと思いますが、充分楽しめるものでした。何より、何倍ものボリュームのある本がこの短さで味わえるのは利点です。

普通なら知ることのない祇園や芸妓の世界は大変興味深く、また第2次世界大戦前後の彼らの状況も垣間見ることができます。(舞台は東京ではなく京都なので「芸者」ではなく「芸妓(げいこ)」という言葉が本当だろうと思います。)

心に響く部分はいくつもあるのですが、今回特に心に残ったのは、ストーリーの本筋ではない部分ですが、「日本海軍の父」と言われた山本五十六の言葉です。彼は一力という御茶屋でゲームをすると必ず勝ち、また彼は常に自分が勝つこと確信していた。「しかし誰だって時には負けることもあるではないか」と反論する者がいたが、彼は「そのとおりだ。だが、私にはない」と言う。成功の秘訣を聞かれた時彼はこう答えた。

"I never try to defeat the man I'm fighting.""I try to make him less confident. When you are more confident than your opponent, you will win."

「私は戦う相手を負かそうとはしない。」「私は相手に自信をなくさせるようにする。自分が相手より自信を持った時、自分が勝つのだ」と。

自信を持つということはそれほどに大きな力を発揮すると言うことです。それは先輩芸者「初桃」とさゆりの立場が逆転した時のエピソードでもありました。

また最後の一文は心に残るものでした。次の通りです。

"Whatever our struggles, and whether we sink or swim, our world is no more permanent than a wave rising on the ocean."「どんな困難があろうが、浮き沈みがあろうが、私たちの世界は海の波のうねりと同じように永遠ではない。」
(原書ではさらに長い表現が使われていました。)

« "Heat and Dust"(Oxford Bookworms Library Stage 5 ) | トップページ | "David Copperfield" (Oxford Bookworms Library stage 6) »

4.英語の本(Graded Readers)」カテゴリの記事

コメント

一力、京都の有名なお茶屋さんですね。
入った事はありませんが、前を通ったことはあります。

塞翁が馬の故事にもあるように、何が黒くて何が白いのか、
その時その時にはわかりづらいものです。
またその繰り返しが人生のように思います。

When you are more confident than your opponent, you will win

私に欠けているものはそれだと思う。

さっき、YOU TUBE で 映画I AM SAMをちらちら見ていました。弁護士リタの言葉が今の気持ちを表しているかな。

Every morning I wake up and I fail.
And I look around, and everybody seems to be pulling it off but somehow I can't.
No matter how hard I try.

Somehow I'll never be enough.

Kanakoさん

いつも自信がもてずにいる・・・それは私です。
その言葉私もどこかで聞いたことあります。

「友がみな我より偉く見ゆる日よ・・・」です。私にはKanakoさんがまぶしく見えます。

Tom さん

同感です。明日のことはわかりません。やるべきことをやるのみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "Heat and Dust"(Oxford Bookworms Library Stage 5 ) | トップページ | "David Copperfield" (Oxford Bookworms Library stage 6) »