フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« "Rebeca"(Penguin Readers ) | トップページ | オランダ旅行その1 »

2010年4月24日 (土)

アリス・イン・ワンダーランド(映画)

今話題のティム・バートン監督による3D作品「アリス・イン・ワンダーランド」です。

3Dのスクリーンで見るワンダー・ランドはまさにおとぎの国、夢の国そのもので、その美しさ不思議さに胸がワクワク、ドキドキしました。3D技術のすばらしさは言葉では表せません。

この作品はルイス・キャロルの "Alice's Adventure in Wonderland"(不思議の国のアリス)とその続編の "Through the Looking-Glass" (鏡の国のアリス)の二つの物語を下敷きにし、19歳になったアリスが再び不思議の国を訪れるというものです。

"Alice's Adventure in Wonderland"では、6歳のアリスが白うさぎを追いかけてうさぎ穴に落っこち、不思議な国で何とも不思議な体験をします。脈絡がなくはちゃめちゃな世界で、何もかもがでたらめであり、不思議で楽しい、そして少しも教訓的ではないのです。子供の頃、私はそのはちゃめちゃ具合、理不尽さにすっかりとりこになったのだと思います。物語の最後にアリスはお姉さんに優しく起こされて夢から覚め、同時に私も夢から覚めたのでした。

この映画の中ではあの出来事は夢ではなく「過去の記憶」だったのだそうです。そしてワンダーランドは実は正しくは「アンダーランド」であり、地中に実際に存在しているのです。不思議の国ワンダー・ランドはアリスの「原風景」のようなものだったのです。私にはスクリーン上の風景が懐かしいような、アリスの記憶と自分の記憶が重なるような不思議な気持ちになりました。

ただこの作品では最後がかわいそうでちょっぴり胸が痛みました。

19歳のアリスが再度訪れたアンダー・ランドは醜く残酷な「赤の女王」に支配されていました。救世主アリスの登場により「赤の女王」は倒されます。最後には美しくて慈悲深い「白の女王」に「一人で誰からも愛されずに一生をすごしなさい」と追放されます。たった一人の愛する人にも裏切られた赤の女王。彼女にはたった一人だけでいい、本当に愛してくれる人が必要だったのではないでしょうか!!

しかしこれもまたアリスが見た一瞬の夢だったのでしょう。"Off with her head!""Off with his head!"「その者の首をちょん切れ!」と叫ぶ女王の声が今もどこかから聞こえてくる気がします。(時間の都合で吹き替えで見たので実は英語では見てないんですけどね(゚ー゚;)

« "Rebeca"(Penguin Readers ) | トップページ | オランダ旅行その1 »

5.洋画」カテゴリの記事

コメント

Michikoさんが吹き替えでみたということにびっくり。時間が合わなかったのでしょうね。

長い長い冬眠からようやく目覚めたように、急に、英語を勉強したくなりました。そして、大好きな映画も見たくなって、ウズウズしています。
気になっていた「幸せの隠れ場所」を今チェックしたら、もう終わっていました。残念。

本当に長い冬眠でした(笑)電子辞書すら今どこにしまったか分からない状態です。明日は欠席ですが、またCES参加させてください。

Kanakoさん

冬眠してたんですね!!今年はいつまでたっても寒くてなかなか暖かくならないからね~

ぜひまたいっしょに勉強しましょう。アイスランドの火山噴火のお陰でWさんがオランダに帰りそびれて今日はサークルに来ましたよ。(でも29日にチケット取れたそうです。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "Rebeca"(Penguin Readers ) | トップページ | オランダ旅行その1 »