フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« オランダ旅行その9 | トップページ | 台湾高雄(Kaohsiung)旅行その1 »

2010年9月11日 (土)

オランダ旅行その10

Cimg5922 Cimg5929 Cimg5933

6日目。ヒートホールンという所に行きました。ガイドブックには最後のページに小さく紹介されているだけで、全くノーマークの場所でした。Wさん宅からは割合に近い位置にありました。

「ヒート」は「やぎ」、「ホールン」が「角(つの)」という意味だそうです。やっぱり英語に似てる。ガイドブックには「19世紀まで燃料として使われた泥炭の産地で、その採掘後が湖となった。泥炭運搬のための運河が縦横に走る美しい町はオランダのヴェネチアとうたわれている」とあります。

運河沿いに並んだ家並みのかわいらしいこと!まるでおとぎの国に迷い込んだかのようです。どの家、どの場所もかわいらしく、どこをとっても絵になります。ここはほとんどが茅葺の屋根でした。


Cimg5934 Heatholen Cimg5944

発動機のついた小さなボートに乗って、Wさんが舵をとり運河を回ってきました。こんなところにも牛がいました。


Cimg5951 Cimg5958 Cimg5966_2

上2枚目の写真は、土産物屋さんになっていました。3枚目の写真はレストランです。ここで食事をしました。


Cimg5867_2 Cimg5987 Dsc00104

どこもかしこも美しく、写真を山のように撮りました。最後の写真ではオランダの民族衣装を着ている人が二人映っています。オランダに来て民族衣装を着ている人を見たのは初めてでした。

思いがけずに来れたこの場所、来れて本当に良かった。WさんとMさんに感謝です。

さあ、この翌日はいよいよオランダともお別れです。WさんとMさん、1週間もの間、本当にありがとう。Wさん、毎日長時間の運転、ありがとう。

翌日朝、近くのスーパーでゴーダチーズのかたまりをおみやげに買い、空港へと向かいました。空港で買うと3倍もするぞとWさんに言われました。

帰りの飛行機では隣に富山出身のとても素敵な若い女性が座り、楽しく過ごせました。フランスで料理の修業をして、今は富山でCAGITAe(カギタエ)というフランス料理の店をやっているのだそうです。黒部に近い所のようです。機会があればぜひ行ってみたいと思っています。

« オランダ旅行その9 | トップページ | 台湾高雄(Kaohsiung)旅行その1 »

6.海外旅行」カテゴリの記事

コメント

みち子さん、
Wow・・・・充実した1週間でしたね。
私もいつかは行ってみたい街です。
時間を忘れて、仕事を忘れて、
のんびりと、
携帯も鳴らず、パソコンもないところ
あ・・・あ、今すぐ行きたくなってしまった。

Kanakoさん

今回は本当にのんびりでしたよ。Wさんは、ずっと運転で大変だったと思うけど。

今度は一緒に行けるのを楽しみにしています!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オランダ旅行その9 | トップページ | 台湾高雄(Kaohsiung)旅行その1 »