フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 台湾高雄(Kaohsiung)旅行その1 | トップページ | 台湾高雄(Kaohsiung)旅行その3 »

2010年10月18日 (月)

台湾高雄(Kaohsiung)旅行その2

Dscn0056 Dscn0064 Dscn0068

乗り継ぎの台北空港で撮った写真です。

往路フライトは次の通り

中華航空(China Airline)
成田発 16:25 台北着 18:55
台北発 21:45 高雄着 22:45

日本との時差は1時間

時差1時間なので約3時間半で台北に到着する。往路の乗り換えは3時間待ちであった。台北からは1時間。

後で聞いたところによると、台北から高雄までは新幹線が通っているとのことで、新幹線を利用した方が早かったかも知れない。帰国してから調べてみると、2007年1月に開業したと言うことで、「車輌など日本の新幹線技術(JR東海・JR西日本共同)を投入したため、日本のみならず台湾においても「台湾新幹線」と呼ばれることもある。」とある。台北―高雄間は最短わずか90分となっている。実際には車両は日本製だが、システムその他、日欧混在システムとなっているそうだ。(参考:Wikipediaより)

待ち時間が長いので台北空港をあちこち探索して歩いた。漢字の表記がおもしろく「ROLEX」が「労力士」と表記されていたのがK子さんにかなり受けていたので写真を掲載。フリーインターネットが一角にあり、使ってみたりした。

高雄に到着したのは夜11時ごろ。空港から外に出るとPさんが満面の笑みを浮かべ、私たちのもとに飛んできた。2003年3月に彼が新潟に訪れたのを最後に7年半ぶりの感動の再会だった。そしてPさんの運転する車で空港から車で20分くらいのところにあるホテルへと直行した。

実は、私は2004年7月に高雄を訪れていて、今回で2度目だ。

私にとってはPさんとは6年ぶりの再会。その時は運悪く台風に見舞われ、滞在中は横殴りの雨が降り続けるというかなり悲惨なことになってしまった。あの台風で台無しになった旅行の償いをさせて欲しいとPさんは何度も繰り返して言っていたが、天気は彼のせいではない。しかし今回再度の訪問が実現し、彼も長年の胸のつかえが一つ消えたようだった。

« 台湾高雄(Kaohsiung)旅行その1 | トップページ | 台湾高雄(Kaohsiung)旅行その3 »

6.海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾高雄(Kaohsiung)旅行その1 | トップページ | 台湾高雄(Kaohsiung)旅行その3 »