フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月25日 (水)

雪景色 Snowy Winter Scenery

Winter1 Winter2 Winter3 Winter4


冬は私の好きな季節ではありませんが、こんなに美しい雪景色を見ると冬があって良かったとも思えます。

写真は下条ダムで撮りました。

私は冬と夏がホントに苦手。年中春と秋だったらどんなに快適だろうと思うことが時々あります。でも最近思うことがあります。

もし年中春と秋だったら、長い冬が終わって春が来る時の喜びを味わうこともないでしょう、と。寒くて暗くて厳しい冬があるからこそ春の訪れがこんなにも待ち遠しく喜びにあふれたものになるのだと。

もし年中春と秋だったら、一年はメリハリのない退屈な日々になってしまうかもしれないと。

そして世の中すべてのことが、実はそうなんじゃないかとも思う。どんなに大変だと思うことも、実はそんなに悪いことばかりではないのではないかと。厳しい冬の寒さの中にもこんなに感動的な風景があるのです。別の見方をすればきっと良いこともあるのではないかと、そして春はもうすぐそこに来ているのではないかと、そんな風に思える今日この頃です。

Winter is not definitely a season I like. But when I see beautiful sceneries like these, I have to admit that winter is not so bad.

I sometimes think how nice it would be if there were only spring and autumn. But these days I started to think that we would never experience the joy we have when spring comes after a long cold winter. If there were only spring and autumn in this world, every day might be so monotonous and boring.

Maybe everything in this world is just like that. No matter how hard things look, they may not be so bad. Just like you can see such beautiful sceneries in a harsh cold winter, you can find something good in everything. Spring may be just around the corner.

Seeing the beatiful world coverd with snow, I can't help feeling this way.

カニ Crab

Crab_2 Crab2

今の季節、カニが最高においしいですね。私はカニはどんなカニでも大好き。

写真のカニはズワイガニの雌カニで私の実家の石川県では「こうばこ」と呼ばれていました。

こうばこはサイズはズワイガニより大分小さいけれど、味があります。

我が家ではスーパーで生きている生のカニを買い家でゆでたり蒸したりして食べています。どんなに安いカニでもこうやって食べるのはゆでられたカニを買ってくるよりはるかにおいしいものです。

これは1杯178円、2杯で356円でした。私はかわいそうでできないので、蒸したりゆでたりは主人の仕事になっています。

Crabs are most delicious around this time of the year. I love crabs, any crabs.

The crab in the picture is "Kobaku." It's a female "Zuwaigani" or Queen Crab. It is much smaller than a male counterpart, but it tastes so good.

At my house, we buy live crabs at a supermarket and boil or steam them at home. They are far more delicious this way compared to having already-boiled ones.

It was only 178 yen. We bought two for 356 yen. My husband steamed them for me as usual because I feel so sorry for them to cook. I just thank my husband and crabs that have given their life to us.

2012年1月17日 (火)

Winery in Niigata 新潟のワイナリー「カーブドッチ」 

Maki6 Maki8 Maki7_2 Maki1 Maki2 Maki4 Maki3 Maki5_2


昨年の12月4日にカーブドッチの薪小屋で食事をしました。

カーブドッチは新潟の片田舎にある年間30万人を集める人気ワイナリーです・・・・・ということは実は今日まで全然知りませんでした。カーブドッチがでている番組のビデオを見て知ったのです。

また、私はカーブドッチにはこれまでにも何度か行ったことはあるのですが、この薪小屋というレストランで食事をするのは初めてでした。

たまたまその日(12月4日)、BSの「カンブリア宮殿」というドキュメンタリー番組にカーブドッチの経営者である落さんが出ていました。落さんは誰もが見向きもしなかった新潟の砂地を開墾し、ブドウ畑を作り、ワイナリーを開きました。しかし流通にのせ東京でワインを売ることは考えず、東京の人たちにワインを買いに来てもらおうと考えたのだそうです。

「大きくすることに意味はない」「個性的であれ」などの彼の言葉には、これからの日本の産業のあり方、生き残る道が示されているように思いました。

放送内容の素晴らしさ=落さんとカーブドッチの素晴らしさはここに再現することはできないけれど、メインインタビューアーの村上龍氏が最後に次のように言っていたのを引用します。

「落さんのワインはおいしいというあいまいな評価を超えるものだった。誠実で陰影のある香りと味わいがあった。要するに本物だったのだ。ワインは基本的に地元のものであり、移動させると味も香りも落ちる。

新潟の人達は本当に幸福だ。周辺には複数のワイナリーができつつあり、いずれ東洋の「ナパ」になるだろう。

日本は全体的には衰退しつつあるが、やりようによっては真の意味で豊かになっていく可能性があるのだと、そう思わせる人々と地域が、数は少ないが確実に存在する。」
*複数のワイナリーと言うのは、落さんに共感した若者がワイナリーを開き始めたということなのです。

夢のある、そして勇気と希望の湧いてくるそんなお話でした。

一つだけ私が個人的に常々残念に思っていること。それは・・・実は私はワインの味がわからないんですね。ワインが全くダメな人なので、人生でとても大きな損をしているように思い残念でたまりません。

"Makigoya" at CAVED'OCCHI in small town in Niigata

I had a wonderful lunch at "Makigoya"a restaurant in CAVED'OCCHI in December. It was a co-incidence, but CAVED'OCCI and its owner Mr. Ochi appeared in the documentary TV program "Cambria Palace" late on that same day.

I had been to CAVED'OCCHI several times so far, but I didn't know this is a popular winery that attracts as many as 300,000 people a year. I was so much impressed with Mr.Ochi and his way.

According to the TV program, Mr. Ochi worked hard to cultivate a sand hill in the rural district in Niigata Prefecture and make a winery. But he never thought of selling his wine in Tokyo. Instead, he thought of bringing people from Tokyo here in Niigata.

"There is no point in expanding." "Be unique." His words in the TV program seem to show the concept of the industry in the future Japan and change the way businesses in Japan should be managed.

Here I just show the last word from the host of the program.

"Mr.Ochi's wine is beyond a vague description like "delicious. It’s rich and deep. It has bouquet and flavor. It's genuine, it's real.

Wine is basically a local product. Its taste and flavor will be lost if it is moved.

People in Niigata are really happy. There are several wineries being born. It will become "Napa"(Napa in California) of the East. Japan is falling into decline as a whole, but there is a chance it will become rich in a real sense if it takes the right way. There surely are people and areas, if not many, that make me think this way."

It's exciting. It is a story that gives us courage, dreams and hopes.

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »