フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年2月21日 (火)

ワッフル Waffle

Waffle2_2 Waffle_4

昔の生徒さんが家に遊びに来たので、ワッフルを焼いて一緒にたべました。とってもおいしくできましたヽ(´▽`)/

さくさくでふわふわ。1枚目は何もつけずに。2枚目はホイップした生クリームをつけて食べました。

実は先日紅茶とワッフルの専門店「マザーリーフ」というお店で食べたワッフルがあまりに美味しくて、再現してみたいとずっと思っていたのです。同じくらいに美味しくできた気がします。

あ、このお店お勧めです。ワッフルつきのランチで、何とワッフルは食べ放題です(*≧m≦*)

One of my old students visited me this afternoon. I baked waffles for this special occasion. They came out soft inside and crispy outside. We ate the first round of waffles with nothing, the second round with lightly whipped cream.

Incidentally I had waffles at a restaurant in Niigata called “Mother Leaf" a few days ago. There you can eat as many hot and fresh waffles as you like. I found them so good that I have wanted to make ones similar to them at home. It turned out to be a great success.

2012年2月18日 (土)

日本海 The Japan Sea in early December

Sea2_2 Sea

昨年12月4日に撮影した日本海の写真です。
この日はこんなに晴れていたのですね。春夏秋冬、さまざまな表情を見せる海を眺めているとしばし時を忘れます。

I took these pictures on December 4 in 2011. It was such a beautiful day. I never get tired of watching restless waves of the Japan Sea, which presents a different face at each time of the year. I lose sense of time while watching the sea.

2012年2月17日 (金)

餅&かき餅 Mochi and Kaki-Mochi

Mamemochi Kakimochi Kakimochi2 Kakimochi3

我が家の餅つき機は過去30年以上働き続けています。お餅が大好きなので、食べたいと思うと春夏秋冬問わずすぐ作ります。

冬は「かきもち」を作るのに良い時期です。ついたお餅を薄く切り乾燥させます。私が子供の頃は2つずつ束ねて吊るして干していました。でも燥してくるとばらばらと落ちてくるので、すだれを買ってきてその上で広げるという方法を編み出しました。

子供の頃は今のようにスナック菓子だのケーキだの何もない時代だったのでかき餅は最高のおやつでした。保存がきくので作っておけば年中食べられます。

そして私は今でもかき餅が最高においしいおやつだと思っています。何でも買えるこの時代にこんなものを作る人はそれほど多くないと思いますが、私の家族や弟、妹の家族もみんな大好きです。

出来上がったかき餅は焼いたり、揚げたりします。焼くとパリッとして素朴な味わい。揚げるとカリッとしてもっとおいしいですがカロリー高いです(^^;

写真、1枚目は昨日作った豆餅(まだ柔らかい)、2枚目と3枚目は「かき餅の製造過程」、最後は出来上がって袋に入れたところ。

My mochi-pounding-machine or rice-cake-making machine has been working for me for more than 30 years now. I love “mochi” or rice cakes so much that I make them whenever I feel like eating them.

In the meantime, winter is the best season for making kaki-mochi or dried rice cakes. When I was a child, there were not any snack foods, so kaki-mochi made the best snack for us all year round.

I still think that they are the most delicious snack, in spite of all the snacks and cakes now available anywhere. I don’t think there are so many people who make kaki-mochi now.

My daughter, son, brother, sister and her family also love my kaki-mochi. Especially my sister and her daughter.

Toast or fry pieces of kaki-mochi and voila!

Of course I like usual soft mochi (rice cake). This time I added beans and a little salt. The left most picture shows usual mochi with beans I made yesterday. They are still soft.

2012年2月10日 (金)

タイ風グリーンカレー Thai Green Curry

Thaicurry2 Thaicurry

タイ風グリーンカレーを作りました。

鶏手羽元は圧力鍋で調理したので、ほろりと骨から簡単に外れます。

メル友のKちゃんから教えてもらったレシピで作りました。カレーペーストが近くのスーパーに売っていなくて、やっと見つけたのが1キロ入りの缶。

1回に50グラムしか使わないので、なんと後19回は作れることになります!

みなさん食べにきてくださ~い。

これは昨日撮影しましたが、レッドピーマンががなくて色合いがちょっと寂しいので、今日はそれに人参を加えてRさんとお昼に食べました。

実を言うと見ての通り、ナスもピーマンも色が少し悪くなっていたのが惜しい。

ずっと冷蔵庫の片隅にあった材料だけで作ったので色はちょっと残念なできばえながら、味は最高でした。次回はもっと色鮮やかなカレーをアップします。

I made Thai Green Curry.

I cooked the chicken with this electric pressure cooker so that meat could be taken off from the bones so easily.

I got the recipe from K-chan, my e-pal. I couldn't find curry paste at supermarkets in my neighborhood. I found a one-kilogram can of past in Niigata.

I need only 50g each time, which means I can still make curry 19 times out of this can.

I took this photo yesterday. I didn't have red bell pepper. Today I added some carrot to make it look more colorful. My friend Robin and I had it for lunch today.

It's a bit of a pity that I used uncolorful old eggplants and green bell peppers that had been sitting in my refrigerator for a long time. However, it was good enough. It was so tasty. I will make Thai curry again very soon and it will be more colorful. Come and visit my place for curry.


2012年2月 9日 (木)

カスピ海ヨーグルト Caspian Sea Yogurt

Yogurt_2

カスピ海ヨーグルトを作っています。種菌を買い、植え継いでいます。

「カスピ海ヨーグルト」は、酸っぱさがほとんどなく独特のとろみがあります。どうやらこのとろみが体にすごく良いらしいのです。私は酸っぱいヨーグルトは苦手なのですが、これなら毎日続けられます。

常温で発酵するのでヨーグルトメーカーも要らないし、とても簡単に作れてお勧めですよ。ただ容器とスプーンの熱湯消毒だけは必要ですけどね。

ヨーグルトは免疫力を高め、コレステロール値を下げてくれるらしいです。

I have been making "Caspian Sea Yogurt."
It’s very easy to make since it is fermented at room temperature, 20 to 30 degrees.

It’s so creamy and sticky with no sour taste. This stickiness seems to be good for your health. It is said that yogurt in general enhances your immunity and lower your cholesterol levels.

2012年2月 8日 (水)

「天才は・・・」 "A genius cannot..."

「天才は努力する人に勝つことができず、努力する人は楽しむ人に勝つことができない」

「천재는 노력하는 사람을 이길 수 없고노력하는 사람은 즐기는 사람을 이길 수 없다.」

現在放送中の韓国ドラマ「キム・タック」で、この言葉を知りました。そして私の大好きな言葉の一つになりました。

"A genius cannot beat someone who tries hard; and, those who try hard cannot beat someone who loves what they are doing."

I learned this saying in a Korean drama "Kimu Tac"currently on air and it has become one of my favorites.

I can't agree more.

2012年2月 4日 (土)

深夜の除雪車 A Midnight Snowplow

Snow

昨夜1時頃やってきた除雪車。二階の窓から撮りました。

冬の深夜に聞く除雪車の音が好きです。

「ああ、冬だなあ」「こうして働いてくれている人達に守られているのだなあ」と暖かい家の中でとても幸せな気分になるのです。

三条市の除雪をしてくださっているみなさん。お疲れ様。

そしてありがとうございますm( ̄ー ̄)m

A snowplow around 1:00 a.m. last night.
I took this picture from the upstairs window.

I love to listen to a rumbling of a snowplow at dead of night. That’s one of the most typical sights on a cold winter's day. I feel happy, keeping myself warm inside and thinking about people working for us.

I say “Thank you!” to the snowplow drivers on behalf of all the Sanjo citizens. m( ̄ー ̄)m

2012年2月 3日 (金)

綿布団 Cotton-wadded Futon

Futon1 Futon2 Zabuton
 

こんまりさんの「片づけの魔法」を読んでから、すっかり魔法にかかっている私です。

古い綿の布団を整理する段になり、捨てるべきか残すべきかと考えましたが、最終的に「打ち直し」をすることに決めました。

昔(20年、30年くらい前までのことかな?)は布団は打ち直して使うのがごく当たり前でした。今ではあまり耳にすることがないかもしれません。

我が家では寝具は敷布団は羊毛布団、掛け布団は羽毛布団を久しく使用してきました。羊毛・羽毛の軽さと暖かさはとても魅力的で、今更綿の布団は要らないと思っていたのですが、昔の布団は良い綿を使っているし捨ててしまうのはやはり勿体ない。

と言うわけで、昨年暮れに打ち直しに出していたその布団が新しく生まれ変わって我が家に戻ってきました。

見てください、このボリューム。そのふっくらさに感動。とっても和柄なのも何だか良い感じ♪
早速その晩寝てみました!

掛け布団はというと、羽毛に慣れている私には、ちょっと重い・・・・でもぴったり体になじみ包みこまれる感じ。敷布団はふっくらして体が沈む、でも、ふにゃっとした感じではなくしっかり支えられている感じ。上下しっかり包み込まれて、すっかり忘れていた綿の心地良さに至福の眠りとなりました。

綿の布団は、こまめに干すことが必要です。そして干した布団は「お日様のにおい」がしますね!

「お日様のにおい」は「幸せのにおい」です。母もよく布団を取り込んだ後、「お日様のにおいがする」と言っていたのを思い出します。布団を干すたび母を思い出し、懐かしく暖かい気持ちになります。(私は羽毛でも羊毛でも何でもかんでも外に干すんです。)

冬は外に干せないので、布団乾燥機で干すことにしました。今日も新潟は雪が降り続けています。

もう1組作ることにしました。それにしても古いお布団いっぱいため込んでたものですねえ(^^;
3枚目の写真は余った綿で作った座布団です。

I decided to make over our old futons after thinking seriously if it's better to throw them away or to keep them.

It used to be a common practice in Japan to make a futon over every several years. Nowadays I haven't heard anyone mention it.

My family has used woolen mattresses and feather comforters. They are so light and warm. I thought we wouldn't need cotton futons any more, but I felt it's so wasteful to just throw them away.

So I decided to have them recover and fluff up again.

The newborn set of futons, " kakebuton" or top cover and "shikibuton" or mattress, came back to my house just recently.

Look at these soft fluffy fotuns! The patters on the futons look so Japaese. I was so much fascinated with them and slept in them that night. It felt like being wrapped and protected by big warm arms. I was cocooned in floaty bliss.

Cotton futons conform to our body curves and allow our skin to breathe.

Cotton futons need airing in the sun frequently. They smell of the sun after taking in.

The smell of the sun is the smell of happiness. It brings back memories of my happy days with my mother.

I have decided to use this futon myself every night and dry futon with a futon drier during the winter.


« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »