フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月12日 (金)

韓国旅行記 Trip to Korea 7

Dscn2630 Dscn2629 Dscn2638_3 Dscn2641_2 Dscn2642 Dscn2651 Dscn2652 Dscn2646 Photo Dscn2653 Dscn2654 Dscn2656_2

最終日のこの日はYさんと朝早くからキョンボックン(景福宮)を訪れました。ソウルには朝鮮王朝時代の王宮があちこちにあって、ここはその一つです。

毎日定刻に衛兵交替儀式があると後で知りましたが、残念ながら逃しました。またここに来るチャンスがあればぜひ見てみたいものの一つです。青や赤などの鮮やかな伝統衣装の衛兵交替式はきっと見ごたえがあることでしょう。

お昼ごはんはゲストハウスの近くの食堂で食べました。おいしいスープもついてきました。メニューを見てもどんな料理かさっぱりわからないので、

「隣の人と同じもの下さい!」と注文。出てきたものを見たけど、何だか隣と様子が違う。

「食べ方を教えてください!」と店員さんにお願い。

店員さんは無言でガバッとおかずをご飯の器に投入、そして、混ぜ混ぜ・・・ここの店員さん、あんまり愛嬌ないんですよね。

美味しかったのですが、めちゃめちゃ辛くて、しかも量が多い。ご飯で薄めようと思って、ご飯を一人前追加注文しました。「ひーひー」言いながらも完食してしまいました!ちょっと食べ過ぎたみたいです(;;;´Д`)ゝ
服がきつくなってゲストハウスに戻って着替えするはめになりました。

昼食後、ゲストハウスのそばのかわいいカフェで最後の時間を惜しみました。カップの中のハートは、飲み終わる寸前までその形をとどめていたのが驚きでしたheart
こんなにおいしい紅茶は飲んだことはないような気がしました。これで旅もおしまいです。

heart 心より愛を込めて。さよなら、ソウル。さよなら、韓国。また来る日まできっと私を待っていてね。サランヘ。アンニョン!

(完)

この「韓国旅行記」を旅行中お世話になったイ テェヒヨさんに感謝を込めて捧げます。

On the last day, I visited Gyeongbokgung Palace with Ysan in Soul. There are old palaces from the Chosen Dynasty scattered around in Soul. Gyeongbokgung Palace is one of them.

I heard that the Change of the Guards Ceremony is held regularly almost every day, but unfortunately I missed it. If there is another time, I would surely like to watch one. It would be exciting to see palace guards in traditional colorful costumes do the ceremony.

Coming back to Honde again, we had lunch at a restaurant near my guesthouse. Since we had no idea what were on the menu, we ordered the same dish as the couple sitting at the next table. Even when you can read the language, quite often it's hard to imagine what kind of food they are.

The food tasted real good and one portion was so big, but I ordered another bowl of rice in order to "rice down “ its hotness. I ate it all up in spite of myself.

After the meal, I savored what little time left before leaving for the airport, having a cup of tea at a cafe near my guesthouse. It's amazing that the heart in the cup kept its shape until the last sip.
I thought that was the best tea I had had in my life. And this is the end of my trip.

Now it was the time to say good-bye. Good-bye to Soul, good-bye to Korea. Wait until I come back next time. With love.
(The end)

Many thanks to my dear Korean friend Lee Ta Ehyo, who took all the time and trouble to make me happy while I was in Korea and has been helping me with Korean.

2012年10月11日 (木)

韓国旅行記 Trip to Korea 6

Dscn2559 Dscn2573 Dscn2579 Dscn2582 Dscn2586 Dscn2608 Dscn2612 Dscn2595 Dscn2624

みんなで豪華な食事の後、「韓国民族村」へ。各地から移築された伝統家屋が点在し、韓国王朝時代の様子が再現されています。時代劇の撮影がここでよく行なわれるそうです。

正面の看板の中に私も大好きだった「ソンギュンガン・スキャンダル」を見つけました。

この日も時代劇の撮影が行なわれていました。「わーい!」と駆け寄って写真を撮ろうとしたら、撮らないで下さいと言われたので、遠くから撮影しました。

After the cuisine, we went to "Korean Folk Village." Traditional houses have been relocated and the life of the people from Chosen Dynasty has been recreated. This place is often used to shoot period dramas or movies.

On this day, too, shooting some Korean period drama was taking place. We saw shooting staff, equipment, actors and actresses dressed in historical costumes. I took some pictures from the distance.

2012年10月 8日 (月)

韓国旅行記 Trip to Korea 5

Dscn2535 Dscn2540 Dscn2541 Dscn2543 Dscn2549 Dscn2551 Dscn2553 Dscn2556 Dscn2557

3日目の午後はYさんの留学先の語学院の先生や生徒さん達と一緒に韓国民族村に行ってきました。

私は地下鉄乗り間違え騒動で集合場所に遅刻したのですが、バスも遅れたのでセーフ。語学院にお邪魔して少し休憩しました。そこで「餅ケーキ」をご馳走になりました。(1枚目の写真)
「餅ケーキ」は韓国ドラマでは見たことがあるけど、実際に見るのも食べるのもこれが初めて。本当においしかったです。また食べたいな~。

一緒に行った生徒さんたちはほとんどが10代後半から20代の女の子達でした。バスの中がにぎやかでとても華やか。みんな韓国語が上手で、すごく刺激を受けました。

バスに乗ること約3時間。民族村のそばにある「韓定食」のお店に着き、そこでお昼をいただきました。「韓定食」とは「韓国のコース料理」と言っていいのではないかと思います。次々出される料理はどれもこれもおいしかったです。量も多くてとても食べ切れません。韓国料理は日本人の口にとってもあいますね。

In the afternoon of the third day, I went to "Korean Folk Village" with the teachers and students of the Korean language school that Ysan attended.

I was late for the appointed time, but then our bus came later than I did. I was invited inside the school for some rest. I had "mochi cake"there. I had seen "mochi cake" in some Korean dramas, but that was my very first time to see it and eat it. It was so good.

Most of the students who joined this bus tour were in their late teens or twenties, creating brilliant atmosphere. They spoke Korean so well that I was so much impressed and inspired.

Three hours' bus ride and we arrived at this Korean cuisine restaurant near "Korean Folk Village.” We enjoyed one dish after another to our heart's content. So good! Korean food suits Japanese taste.

2012年10月 7日 (日)

韓国旅行記 Trip to Korea 4

Dscn2472 Dscn2485 Dscn2489 Dscn2497 Dscn2501 Dscn2508 Dscn2519_2 Dscn2521 Dscn2477


韓国3日目です。Yさんは授業があるので、私は朝早くから一人で北村(プクチョン)に行ってきました。北村はソウルの都心部にあって、朝鮮王朝時代にまで遡る伝統的な韓国のお屋敷が建ち並んでいる街です。今もここには人々が暮らしていて、生きた博物館と呼ばれているそうです。

いろいろなお店や工房などもあり、メドゥプ作りなどの体験もできます。時間があれば一日ここで過ごしても飽きないだろうと思いました。

ここで、インドネシアの旅行者と知り合いました。英語がとても流暢な方で、良い旅仲間になりました。おしゃべりしながらこのすてきな街を散策し、楽しい時間を過ごすことができました。

さて、北村から弘大に帰る時、地下鉄の方向を乗り違えてしまいました。環状線になっていて、反対方向なので3倍くらいの時間がかかり、午後の待ち合わせ時間に遅れるハメになりました。

一緒に乗り合わせた韓国人の乗客の人達に親切にしていただきました。隣に座ったおじさんは私の持っている路線図を見ながら、駅の数を数えてくれました。私の前にいた若い韓国男性は私の降りる駅まで一緒に来てくれました。さらに何と私の駅で一緒に降りて待ち合わせ場所まで一緒に来てくれました。

その人は3年間日本で仕事をしていたことがあり、日本語が話せてうれしかったと言ってくれました。

Day 3 in Korea.

I left Honde early in the morning for Bukchon, which is located in the center of Soul. It's home to hundreds of traditional houses called 'hanok' that date back to the Chosen Dynasty. Even now people live in these houses and that's why this area is called a "living museum."

There are also a variety of shops and workshops, where you can experience traditional crafts. I would not have been tired of being here all day.

I got acquainted with this tourist from Indonesia. He spoke English fluently. We strolled around the alleys, enjoyed each other's company.

Some hours later, I took the subway to go back to Honde, but in the wrong direction. It was a loop line and it took me three times as much time as it should be.

The Korean passengers on the train were kind to me. The man sitting next to me looked over my shoulder at my subway map and told me what to do, and the young man standing in front of me even decided not to get off the train at his station. Instead, he came along with me all the way to the gathering place for my tour in the afternoon.

He said that he had worked in Japan for three years. He was very happy to speak Japanese after a while.
But still, I can't help thinking he was very very kind.

2012年10月 6日 (土)

韓国旅行記 Trip to Korea 3

Dscn2401 Dscn2411 Dscn2404_3 Dscn2414 Dscn2418 Dscn2436 Dscn2424 Dscn2446 Dscn2450

2日目。次の大型台風のお陰で朝から土砂降り。水はけが良くないようで、あちこち洪水状態です。Yさんは学校の授業があるので、私はTさんと水原(スウォン)方面へ向かいました。車で2時間から3時間かかったと思います。サムスン創始者で初代会長の建てたというホアム美術館へ行きました。

美術館の中は勿論ですが、建物だけでも見る価値があります。庭がすばらしくきれいでした。こんな雨でなければ庭の散策も楽しめたと思います。

しかし、土砂振りの雨はますます激しく、この後行く予定だった世界遺産の一つである水原華城には結局行くことはできませんでした。車の中から遠巻きに写真だけ撮りました。この横殴りの雨の中傘と雨合羽で見学をしている観光客の一群が見えました。

ソウルに戻りYさんと三人でロッテワールドに行きました。雨の日の過ごし方としてお勧めの場所です。しばし童心に返り、おとぎの国で楽しい時間を過ごしました。ディズニーランドがすっぽり室内に収まった様な感じです。

On the second day, another typhoon struck Korea and it rained cats and dogs from the morning. The drainage didn't seem to be really good and everywhere was flooded.

In this downpour, I went for Suwon with Tsan. We first visited Ho-Am Museum, which was founded by the founder and the first president of Samsung group. It took us two to three hours to get there by car. The buildings and gardens as well as all the art works were worth visiting. I would have taken a leisurely walk around the gardens if it had not been raining.

The rain got heavier, coming down slantwise. We gave up visiting Suwon Castle, one of the world heritage sites, altogether, which made a good reason for me to come back here. I saw a group of tourists walking in this downpour with rain gear.

We went back to Soul, picked up Ysan and went to Lotte World. This turned out to be the best spot on a rainy day. We enjoyed being kids again in this fairyland, enjoying riding the balloons and the merry-go-round.

2012年10月 5日 (金)

韓国旅行記 Trip to Korea 2

Dscn2375 Dscn2373 Dscn2377 Dscn2379 Dscn2381 Dscn2387


私が滞在したのは弘大(ホンデ)という若者の集まる街。文字はハングルですが、街並みはヨーロッパのような感じ。飛行機がソウル到着の頃には台風の雨も止みました。

私は1ヶ月ソウル留学中の友達のYさんの通っていた学校の先生が予約してくださったゲストハウスに泊まりました。1泊3,000円くらいですが、ベッドが二つある部屋を独り占めできました。

一枚目の写真で一緒に映っている美しい人はこのゲストハウスの大家さんです。後ろに冷蔵庫が見えていますが、毎朝ここでパンを焼いたり、お茶やコーヒーを自由に飲むことができます。

この日の夜スカイプフレンドのTさんと初めて直にお会いしました。とてもドキドキわくわくする感動的な出会いでした。三人で弘大のお店で焼肉を食べ、マッコリを飲み楽しい一時を過ごしました。本場の味はやっぱり最高で~す!!

食事の後、街を歩いているとすごい人だかりがありました。路上ライブです。何だかおもしろそうなことを言ってるらしい。全然聞き取れないけど、韓国語の言葉の響きがおもしろくつられて笑ってしまいます。

弘大の街は眠ることを知らないようです。

I stayed in a guesthouse in Honde, a bustling town filled with the youth, in Soul.

My friend Ysan went to a language school in Honde during the summer and a teacher there booked a room at a guesthouse nearby for me. My room had two beds. I had both of them all to myself for four days and three nights. By the time my plane landed in Soul, the rain from typhoon had let up.

It was one of the best things that happened to me, but I met my Skye friend Tsan in reality for the first time. The three of us went to a Yakiniku restaurant to have Korean-style grilled meat and makgori.

While we were walking in the street of Honde after eating and drinking, we heard people cheering and laughing. There was a live concert going on. The people's laughter and excitement were infectious. I laughed without knowing what they were saying. It was a lot of fun.

The town of Honde doesn't seem to sleep.

The beautiful lady with me in the first picture is a landlady of this guesthouse. There is a refrigerator in the back. Guests can fix toast and tea or coffee here in the morning.

2012年10月 4日 (木)

韓国旅行記 Trip to Korea 1

Dscn2365_2 Dscn2368 Dscn2371


8月29日から9月1日まで、3泊4日の韓国旅行に行ってまいりました。

竹島(韓国では独島)をめぐって日韓対立が連日テレビで報道されていたり、台風に直撃されたり等、韓国旅行に行くにはタイミングはかなり微妙でした゜゜(´□`。)°゜。

それでも実際に行って見た韓国は、誰もがフレンドリーで、最高に楽しく思い出に残る旅になりました。

台風のため出発は3時間半も遅れました。でも新潟空港の出発ロビーでたまたま隣に座った韓国女性とずっと話しをしていたので、実は待っている間もとても楽しく過ごせました。

飛行機で飛び立つ時はいつも翼が生えたような気がします。この瞬間私は自由を手に入れたと思えるのです。

1枚目、出発ロビーで、お隣に座った韓国人のAさんと。
2枚目、新潟上空。
3枚目、ソウルインチョン空港です。

I made a trip to Korea from August 29 through September 1.

Right before my departure, problems happened one after another; the disputes over the ownership of Takeshima Island were reported on TV almost everyday, worsening the relation between Japan and Korea, and a typoon hit Korean Peninsular, followed by yet another one.

But anyway, I could fly to Korea and this ended up in one of the best trips ever.

My flight was delayed for three hours and a half because of the typhoon, but there was this beautiful Korean lady who happened to sit next to me at the departure lobby. We had a good time, chatting away while waiting.

It always feels as if I got wings to fly for freedom the moment a plane takes off. As the plane is going up higher and higher, Niigata is getting smaller and smaller, fading away with my everyday life left behind.


« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »