フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月12日 (火)

韓国の常識 vs 日本の常識 2 Japanese common sense 2

韓国ドラマ「ラブ・レイン」を見て不思議に思っていたことを二人の韓国人の友達に聞くことができました。

それは親同士が結婚するとしたら、その子供たち同士は結婚したり恋人になったりすることはできないのかという質問です。子供たち二人には血縁関係はありません。

一人目の方は「そのドラマを見ていない。法律的にはわからないけれど、社会的にはありえない」とのことでした。

二人目の方も同じく、「姻戚」と言って血のつながりのない親戚になり、「礼儀を備える関係」になるそうで、結婚は難しいとのことでした。難しいとは言ってもニュアンスはほとんどありえないと言う感じでした。でもこのドラマはハッピーエンドだったと言うと、どうしてハッピーエンドになれるのかと驚いて聞かれました。

ラブレインの主人公ハナのお母さんとジュンのお父さんは最終的に結婚はせずニューヨークで互いに支えあいながら生きることになり、ハナとジュンはそのまま交際し、最終回で結婚することになりました。

ニューヨークのような遠くで暮らしているから可能なことであり、親も子も韓国に住んでいる状況では無理だと言われました。

最初の方はメールでのやり取り、二人目の方とは直接スカイプでお話ししました。こういう話もできたことがうれしいです。違いを知ることもおもしろいです。それにしても「日本ではそんなことがあるのですか」と聞かれて、「血縁関係はないのだからできると思います」と答えましたが、実際に起きたことではないのでそれしか言いようがありません。

Finally I had a chance to ask two of my Korean friends the question I had been wondering about while I was watching a Korean drama "Love Rain."

The question was " In Korea, is it really impossible for a boy and a girl who love each other to get married or even to see each other when her mother and his father come to get married. The two young people are not blood related.

One answered, "I haven't seen the drama, so I'm not sure, but it would be forbidden socially although it might be possible legally."

The other one said, "If her mother and his father became related through marriage, then it would be very difficult for the young couple.

The drama has a happy ending. Her mother and his father didn't get married, but ended up living in New York, supporting each other. The young couple lived happily in Korea and eventually got married.

My friend said that it would be impossible if two couples lived in Korea.

It's interesting to know the difference. So, now my friends asked me in turn if it was possible in Japan. I answered most Japanese people would say, "Why not?" It would be very strange, but I just don't see any problem. Or is there any?

2013年2月11日 (月)

「ラブレイン」で韓国語 "Love Rain"for Me

韓国ドラマ「ラブレイン」、録画だけしてそのままにしてあったものを一気にに見終わりました。
(私はこの「一気」というのをよくやります。ホントは毎日ちょっとずつが良いとは思うのですが。)

韓国語の勉強は毎日しているけれど韓ドラを見るのは久しぶりでしたが、「ラブレイン」を見ているうちに何だか急によく韓国語が聴こえてくることに気がつきました!?

台詞がゆっくりだからか、それともひょっとして私の語学力が飛躍的に伸びたのかしらと喜びながら、ネットで検索してみました。するとやはり「ラブレインの台詞はゆっくりなので良い教材になる」とブログで紹介している方達がいらっしゃいました。

韓国語と日本語の二ヶ国語で場面を再現しているサイトもいくつかあり、みんな熱心だなあと感心しました。

それから、主人公を演じているのはチャングンソクと「少女時代」のユナですが、ユナがものすごくかわいい。ユナは樹木園で働く庭師という設定で、物語の最初の頃は服装も野暮ったかったのですが、回を追うごとに、かわいくなり、彼女のファッションから断然目が離せなくなりました。

昨日は白い衿のついた鮮やかなオレンジ色のワンピースにアイボリーホワイトと淡いオレンジのボーダーのカーディガンを組み合わせた着こなし、それと白いブラウスに白地にブルーの小花模様のスカートと鮮やかなブルーのカーデガンを組合せた着こなし等、あまりのかわいさに釘付けです。コーディネイトがホントに上手です。

ドラマは見終わりましたが、いまだにわくわくしています。このドラマはいろんな意味で、特に私の韓国語の勉強史にとって忘れられない作品になりました。

I finished watching "Love Rain," a Korean drama that I had recorded on DVD, all in one go.

It's been a while since I watched a Korean drama last. While watching it, all of a sudden, I noticed that I could catch what they say much better than ever. I wondered if it was because they speak their lines slowly or because my listening comprehension got better.

I did some Internet research and found that some people say, "They speak rather slowly and it makes a good study material of Korean." Some even show scripts from some scenes both in Korean and Japanese.

Another thing, the main character "Hana" played by "Yuna" a member of Girls Generation is so cute. I like the way she dresses. In the beginning of the drama, she was plainly dressed, but she grew more and more fashionable with each episode. I just couldn't take off my eyes from her.

For instance, in an episode I watched yesterday, she was dressed in a bright orange dress with a white collar and a cardigan with an orange and eggshell white striped pattern.

I finished watching the drama, but I can't stop feeling excited. It will be a memorable drama in many ways, especially in my study of Korean.

2013年2月 9日 (土)

韓国の常識 vs 日本の常識 Japanese common sense

録画してそのままになっていた韓国ドラマ「ラブ・レイン」を一気に見ています。ドラマを見ていて感じるのは、韓国は日本に最も近い外国だけどやはり外国だということ。

まだ最後まで見ていませんが、主人公の彼と彼女は恋人になりました。彼女の母親は実は彼の父親の初恋の人でした。30年後に二人は再会し、やがて結婚しすることになりました。親同士が結婚するということが、すごく問題のようです。毎日主人公の二人は別れるべきかどうするべきかと悩み、泣いています。何故でしょう?

血縁関係がないのでこの二人は恋人同士であっても良いし、結婚しても全然問題ないじゃないかと思うのですが、韓国ではそうはいかないらしいのです。とても不思議です。以前にもよく似た設定のドラマを見たことがあるので、日本の常識は韓国の非常識なのでしょうか。

韓国人の友達にスカイプで直接聞いてみたいと思います。できれば今日の夜にでも・・・・

I have been watching a Korean drama “Love Rain.” While I’m watching it, I feel Korea is surely the nearest foreign country to Japan, but that it’s “foreign” enough. She and he, the main characters, love each other. Her mother is his father's first love. Then they meet after 30 years of being apart, and eventually come to decide to get married. As a Japanese, I don't see any problems here, but it seems to be a big problem for Koreans. Since they are not blood related, they can do as they are or they can get married. Why does it matter so much? Common sense is not always "common." I just want to hear what my Korean friends have to say about this. I'll ask them on Skype, hopefully tonight…

2013年2月 1日 (金)

スローダンス Slow Dance

最近 "Ally MacBeal" というアメリカドラマを見はじめました。(日本語のタイトルでは「アリー・マイラブ」)

今まであまりアメリカのドラマをちゃんと見たことはなかったのだけど、最近は「ドラマで英語」が突然マイブームになっています。(勿論スカイプで英語・韓国語もまだ健在です。)
近くのレンタルショップでは水曜・木曜はDVD1枚1週間で100円の日になっていてお得です。

"Ally MacBeal" は法律事務所を舞台にしたラブコメディです。毎回奇想天外でありえないような訴訟が起こるのがばかばかしくもあり、そこがおもしろくもある。(しかしアメリカならひょっとしたら本当にあるかもしれないとも思える。)そして心に残るセリフや感動のシーンも数多くあるのです。

今日はAlly MacBeal シーズン1、11話より気になるセリフを一部書き留めておきたいと思います。
クリスマスの夜アリーがダンスを誘う場面です。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

"Well, maybe a slow dance."
"Slowdancing isn't really like dancing at all. It's just two people kind of leaning on each other...Almost as if they'd fall down without the other to hang on to. (It's very Christmas)."

"The other thing about slow dance is the surrender of it all. Sometimes people just need to surrender."

「スローダンスはダンスって感じじゃないの。二人がお互いにもたれかかる・・・相手がいなければ倒れてしまうように。(とってもクリスマスらしいでしょ。)」

「スローダンスではすべてをゆだねるのがカギ。時には人にはこれが必要なの。」
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

時にはすべてをゆだねてスローダンスを踊りたいと思う私です。

Recently I have been into American dramas. Right now, I'm watching "Ally MacBeal."

At a rental shop near my house, there is a sale on Wednesdays and Thursdays. The fee for one DVD for a week is only 100 yen. I can learn American culture as well as English while I have fun.

I have decided to jot down some lines I like from episodes now and then.
The following is from episode 11, 1st season, Ally MacBeal.

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

"Slowdancing isn't really like dancing at all. It's just two people kind of leaning on each other...Almost as if they'd fall down without the other to hang on to. It's very Christmas."

"The other thing about slow dance is the surrender of it all. Sometimes people just need to surrender."
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

I agree. Sometimes I feel like slow-dancing. Does anyone slow-dance with me?

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »