フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月19日 (金)

風呂敷その2 Furoshiki part2

Img_0530

昨日に引き続き風呂敷の話です。これは、風呂敷について書いてある中1の教科書のページです。日本の伝統的な多目的布として紹介されていました。これを見て私は風呂敷にはまり、風呂敷の使い方を研究し、自称風呂敷の伝道師となりました。アメリカ人の方たちにもデモンストレーションしていろんな使い方を紹介しましたが、好評です。

These are pages from junior high school first-year-students' textbook. Here they introduce how useful and eco-friendly a traditional Japanese cloth is. Since I read this last year, I've beena great fan of furoshiki and want to let people know how great it is.

2013年4月18日 (木)

風呂敷 Furoshiki

Furoshiki

只今、風呂敷にはまっています。中学1年の英語の教科書に「多目的布 風呂敷」という読み物があり、それを見てから風呂敷ファンになりました。最近「エコ」の観点からも風呂敷が見直されているとか。現代では素材や柄も多種多様で心引かれるものが多い。ショッピングバックや、ショルダーバックとして使ったり、ビンを美しく包んだり、ひざ掛けやスカーフとして使ったり・・・包み方や結び方をマスターすると一枚の風呂敷がさまざまな姿に変身して、便利だし、とてもおしゃれなんです。今や私は「風呂敷の伝道師」と...化しております。この風呂敷は、今一番のお気に入りです。リバーシブルで結んだ時に両面の色が見えるのがミソです。撥水加工もされていて巾着付です。

I'm really into a furoshiki, a traditional Japanese cloth. A furoshiki is introduced in the textbook used at junior high schools in Sanjo. Since I read about it last year, I have been a big fan of furoshiki. It's an all-purpose cloth. As awareness of the environment has been growing, a furoshiki has been attracting more and more attention. You can use it as a shopping bag, a shoulder bag. If you master some simple skills to knot and wrap, it changes into variety of things. You can use it as a scarf or a rug as well. I now call myself "a missionary for furoshiki." This one is my most favorite right now. It's reversible and water-repellent. It comes with this nice drawstring bag.もっと見る

2013年4月12日 (金)

歯科医院での会話 Conversation at Dental Offices

Dentist

私の教室に個人レッスンで来られている歯医者さんがいらっしゃいます。

現在この「歯科医院での実用英会話」というテキストを使って勉強中です。昨年偶然ですが、カリフォルニアで歯科医をしてらっしゃるアメリカ人のYさんとスカイプで知り合うことができました。

スカイプは言語学習のために始めたもので、無料でビデオ通話ができます。そこで最初に知り合った英語圏の人がYさんです。

その日から、二人三脚でこのテキストに書かれている英語と日本語を、もっと自然で易しい表現に直すという作業をしてきました。時差やその他の都合で何日も会えない日もありました。それでも半年ほどで一冊最後まで終わりました。

Yさんとの出会いは本当に偶然だったのですが、運命の出会いのように思えます。Yさんとの出会いにも、また生徒さんとの出会いにも、感謝です。

I use this textbook for my student who is a dentist. This book is geared toward Japanese dentists, teaching typical English conversations held between a patient and a dentist at a dental office.

Last year I happened to get acquainted through Skype with an American dentist working at her own dental offices. (She has two offices.) She is the first person from English speaking countries that I met on Skype.

We have worked on this textbook together to make the English and the Japanese sentences written there easier and more natural. There have been times we can’t see each other for many days because of the time differences or others, but we made it to the last.

Our encounter was a coincidence but feels like a destiny. I really thank this encounter with her and with my student as well.

2013年4月 6日 (土)

アリスの朗読・原書を無料で Free audiobooks and ebooks

1ac
画像はオハイオ大学から http://www.wiredforbooks.org/


「不思議の国のアリス」の英語を無料で楽しめるサイトです。他にもたくさんあると思います。

☆アリスリスニング 
オハイオ大学が提供しています。他にもありますが、これが一番好き。iPodやウォークマンなどで聞くことができます。
http://www.wiredforbooks.org/alice/chapter1.htm

☆作者本人によるイラスト付き オンラインテキスト
WITH THIRTY-SEVEN ILLUSTRATIONS BY THE AUTHOR
http://www.gutenberg.org/files/19002/19002-h/19002-h.htm#Chapter_I

☆テキストとテニエルの挿絵
http://www.cs.cmu.edu/~rgs/alice-table.html

☆7人プラス二人のイラストレーター付き オンラインテキスト
The identified works of nine historical artists and two contemporary artists are featured.
http://www.the-office.com/bedtime-story/classics-alice-1.htm

不思議な国のアリスその2 Alice's Adventures in Wonderland No.2

Alicemouse_2

「不思議の国のアリス」は純粋でどんな常識にもとらわれることのない自由で想像力豊かな子供の心で楽しみたい、と昨日書いたばかりの私。

しかし、作者のルイス・キャロルは数学者でもあり、最も論理的な思考を持っているはずだとも思います。大人の私はやはり、この一見でたらめに見える世界にも何らかの論理があるに違いないとも思ってしまうのです。だからこそ「アリスの謎解き」の類の研究本が山ほどあるのでしょう。大人として読んだときにはもう一つ別の楽しみ方もあると思います。

また、アリスの世界は言葉遊び(しゃれ)に満ちていて、日本語に翻訳するのが無理なものが多々あります。だからこそ英語で読む醍醐味があります。

その一つの例がアリスがネズミに、「どうしてネコが嫌いになったか」を聞き、ネズミが答える場面。それについては以前のブログに書いているのですが、その場面はアリスの頭の中では上の写真のように聞こえていました。

文字がネズミの尻尾に見えますね。このネズミのお話し自体は支離滅裂なもの。しかし、ここで頭を悩ませないのが得策。だって、アリスもこの挿絵のような想像をしながらぼんやりと聞いていて、「聞いてないな!」とネズミに怒られるのですから。

すでに著作権の切れている本なので、iBook やオンラインで無料でダウンロードすることもできます。私はiPadにもダウンロードしてあるのでいつでも見ることができます。また、オーディオブックもウォークマン等に入れて何度も聞きました。以前にも紹介しましたが、音響効果もすばらしく何度聞いても飽きません。オーディオブックはこちらから

Yesterday I wrote that I want to enjoy "Alice's Adventures in Wonderland" with an innocent child's heart free from common sense or any restrictions.

But the author was a mathematician as well. I think he must have been a man of logical thinking. As an adult reader, I can't help thinking there must be some logic there. That's why there are a lot of books on Alice's "riddles" out there.

The story is full of wordplay and in many cases it is next to impossible to translate into Japanese. There lies the greatest pleasure to read it in original English.

One example is the scene where Alice asks the Mouth why he hates cats and dogs. The below is a brief extract from the book.

"Mine is a long and a sad tale!".....
"It is a long tail, certainly,"said Alice, looking down with wonder at the Mouse's tail......
... ."but why do you call it sad?" and she went on puzzling about this as the mouse went on speaking, so that her idea of the tale was something like this:.....

The picture shown above is the copy from the book. The Mouse's story doesn't make any sense, but you don't have to rack your brain trying to make out what it means. For Alice is also scolded by the Mouse like this; "You are not attending!"

This story is in the public domain, so you can download the story all free. I myself have an e-book version of it and in addition to it, I listen to the audio book, which is also free. This one is my favorite, It comes with nice sound effects and music.

2013年4月 5日 (金)

不思議の国のアリスその1 Alice's Adventure in Wonderland No.1

Alice Alice2 Alicepopup

フェイスブックで「不思議の国のアリス」のドードーの場面のイラストがアップされていたので、なつかしくて、本棚から大昔に買った原書を出してみました。子供の頃読んだのは、勿論日本語で、それも子供向けの易しいバージョンだったのだと思いますが、今もそのときのワクワク感は忘れられません。

何という支離滅裂、何とでたらめで楽しい世界!しかし大人になって原書を買ってみたら、難しくてがっかりした思い出があります。それは25年も前、大昔の話です。当時は自分の英語力の不足のせいだと思いました。

後のブログには次のように書いてあります。「いや、そういうわけでもなかったのでしょう。今考えると大人向けの読み物でもアリスよりずっと易しいものはいくらでもあるし、新聞記事などはもっと楽に読めるのです。」と。

しかし今思うと、それも違うように思います。どんな常識にもとらわれない自由な心と豊かな想像力を持った子供だからこそ深く考えることなくこの支離滅裂な世界をすんなり受け入れられ楽しめたのではないかと思います。大人になった私は理性と常識が邪魔をして、この突拍子もない世界が受け入れにくくなっていたのかもしれないのです。

ここにある本は全部大人になってから買いました。一番古いのは何十年も前のもの。全部黄土色に変色しています。飛び出す絵本は9年前にアマゾンで買ったもの。原書が二冊あるのは昔のをなくしたものと思って、5年前(2008年8月)に買いました。

挿絵はテニエルのものが一番有名かも知れませんが、原作者の挿絵もなかなか味があると思います。「アリスの英語」の表紙にあるのが原作者の挿絵です。
支離滅裂で奇想天外なこの世界は、どんな常識にもとらわれない自由な子供の心で読みたい。

I found a picture from "Alice's Adventures in Wonderland" yesterday on the facebook page of my friend, feeling so nostalgic. I searched my house for my old copies and found them. I think the one I read as a child was an easy version for kids, and that, the translated version, but I never forget the excitement when I first read it.

What a wonderful and nonsense world! Some decades later, as an adult, I bought the original English version, only to be disappointed to find it so difficult for me back then. I thought it was because my English reading comprehension was not good enough. But later I came to think it might not be. For there are actually a lot of English novels for adults that I can read with ease. News articles are much easier.

But now I think I may have been wrong. The truth is as a child, I was free from any restrictions and didn't judge any thing by any common sense. The logical thinking just prevented me from enjoying it without thinking. Now that I realize that, I make my mind free and just have fun.

I bought all the books shown above as an adult. The oldest one was probably almost 25 years old or older, I'm not sure. The pop-up book is 9 years old. I like Tenniel's illustrations, but the illustrations drawn by the author himself are also appealing.

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »