フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月26日 (水)

"English Salon" 英語サロン

Galveston

昨日新潟クロスパルで開かれた「英語サロン」に参加しました。日系三世のFayeさんという方がゲストスピーカーでした。「英語サロン」への参加は昨年から2度目になります。本当に良い企画だと思います。

Faye(フェイ)さんは見た目は日本人、でも実はアメリカ人であるということが一体どういうことなのか、楽しいエピソードを交えて話されました。本当に興味深いお話しでした。

実は昨日会場に入った時、流暢な英語が聞こえてきたので思わずそちらに目が行きました。私のとっさの反応は「こんなに英語の上手な人が新潟にいたんだ!」でしたが、実はそれがフェイさんだったんです!!

昨日は特別に新潟の姉妹都市ガルベストン市のお祭りでばら撒かれるビーズの首飾りがもらえました。そのお祭りではたくさんビーズを手に入れた人に福が来るらしいです。私は2個もらいました。

I joined the meeting of “English Salon” held at “Crosspal” in Niigata yesterday. The third- generation Japanese-American (Nikkei Sansei) Faye talked about what it is like to look totally Japanese but to be American in Japan. It was so much fun to hear her all those experiences as “Nikkei Sansei.”
To tell the truth, “Wow, she speaks English so well!” was my first impression of her when I first stepped into the room, only to find that she was a native speaker.

I got two bead necklaces, which happened to be a special treat only for yesterday. I hear they scatter beaded necklaces at a festival in Galveston, a sister city o f Niigata. The more you get, the more luck you will get. The meeting yesterday was held by “Galveston Committee.”


2014年2月19日 (水)

"The Ring."

Ring

これもまた別の高校生が副読本として読んでいる本です。こんな簡単な英語で書かれているのにこんなにおもしろく書けるなんてちょっとすごいと思います。最後にあっと驚く展開があるんです。こんなにたくさん読まされちゃって、今時の高校生は幸せだわ・・・って思う。英語が好きじゃないと超不幸せかも・・・ですが。

めっきり読書をしなくなった私も生徒さんのお陰でこうやって新しい本に出合えてうれしいです。

Here is another book I read with another student of mine. Her high school seems to be always successful in finding the right book for the right grades of students. Although it’s written in easy English, I'm amazed at how they could make it so fun. Once you start reading, you just can’t put it down.

“The Child Who Never Grew”

Whonever

これは現在、新潟高校2年生の生徒さんが英語の副読本として読んでいる本です。

タイトルは “The Child Who Never Grew”で、同名の原書より約1/3を抜粋し編集しなおしたものです。作者のパール・バックは女流作家として米国初のノーベル賞を受けた偉大な作家ですが、知的障害を持つ子供の母でもありました。これは作者が「わが子が知的障害を持っていると悟った日からの苦悩の記録」です。文学的にも格調高く、人間の生きる意味や存在価値を深く考えさせてくれます。アマゾンで検索してみると「母よ嘆くなかれ」という邦題で翻訳が出ているようです。一読に値するすばらしい作品でした。

最近めっきり読書しなくなった私ですが、高校生のお陰で読む機会が与えられありがたく思います。

"The Child Who Never Grew" written by Pearl Buck. Adapted from a novel based on a real story of the same name. It's well written without sacrificing the quality of the original work, although the volume is reduced to 1/3 of the original. As you may know well, Pearl Buck was a great writer, but at the same time was a mother of a mentally retarded child. That is something I didn't know. I just read it because one of my high school students has to read it as supplementary reading at his high school, but I’m glad I could have a chance of doing so.


« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »