フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年2月12日 (木)

「100分で名著」 "A masterpiece in 100 minutes"

前回に続き、最近はまっているものをもう1つ。

それはNHK教育テレビの「100分で名著」

伊集院光と武内陶子の司会で毎週水曜25分ずつ4回で100分。古今東西の名著を取り上げ読み解いていきます。先週から「フランケンシュタイン」が始まりました。1回目の25分だけでも思いがけない発見がたくさん。

先ず、「フランケンシュタイン」は怪物の名前ではないということ。実は怪物を作り出した科学者の名前だったんです。
第2にその怪物は雄弁であり、頭が良かったということ。フランス語を勉強し、文学作品を読読むそうです。
そして「フランケンシュタイン」は美しい文学だったということ。

すでに著作権が切れているので、アマゾンで探して無料のキンドルバージョンの本をiPadにダウンロードしました。(英語版と日本語版の両方ゲット)

しかし、読書はまとまった時間がないとなかなか読めないので、はたして読めるかどうかはわかりません。

Another thing I have been really into these days. "A masterpiece in 100 minutes" broadcast on NHK Educational TV. Once a week, 25 minutes, 4 times. They pick out one of the great books from all ages and countries, giving us guidance and leading us to in-depth reading.

Last week they started "Frankenstein" and I learned a lot about the book in just 25 minutes.

First of all, "Frankenstein" is not a name of the monster but of a scientist who created the monster. Second, the monster is eloquent and studies French, reading literature. And the book is a beautiful literature. The copy right is already expired, so I got the book in Japanese and in English for free from Amazon.

2015年2月10日 (火)

「英語で読む村上春樹」 Haruki Murakami in English

最近はまっているものの一つ。

NHKラジオ第2で毎週日曜放送の「英語で読む村上春樹~世界の中の日本文学」。

6ヶ月ごとに1つの短編作品を取り上げて深く掘り下げていく番組で、講師の上手な解説やら背景知識やら、原文と試訳、J・ルービンによる翻訳文、三つの比較から、作品への理解が深まります。

私など一人で小説を読んでいても軽く読み流してしまって気にも留めないソコツ者で、この番組を聞くと発見に次ぐ発見です。村上春樹の魅力を十分に堪能することができます。

昨年「踊る小人」を聞いてストーリーの不思議さ、独特の世界に引き込まれ、聞き始めました。今は「トニー滝谷」をやっています。

私はストリーミングで1週遅れで聞いていますが、先のストーリーが知りたくて新しい月のテキストが出ると本屋で立ち読みして先を読んでいます。テキストには放送分も含めもっと掘り下げた内容も掲載されているのですが、結局読めないことがわかっているので買っていません。

最近ブックオフで「踊る小人」の入った短編集ともう1冊の短編集を買ってきましたが、少なくとも今のところは解説付きで深く掘り下げていくこの番組を聞く方が私にはおもしろい。
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/yomu/

One of the things I have been really into these days is the NHK radio program "Eigo de yomu Murakami Haruki," or "Haruki Murakami in English."

Every six months, they pick out one of his short novels, giving us background knowledge, appropriate guidance and interpretation, comparing the original Japanese version with the translation by J Rubin and the trial translation by the program host. With the combination of these things, we have better understanding of his work. The program successfully conveys the charm of the writer and his work.

I tend to read superficially, passing my eyes over the words in a book without taking in the meaning. I am made aware of so many precious things I would never be if I were reading it alone. It's an eye-opener for me.

When I listened to "The Dancing Dwarf" broadcast last year, I was caught up in the story, drawn into the unique world and couldn't stop listening. Now they are working on "Tony Takitani," another wonderful story.

There is a monthly textbook, but I just go to a bookstore when the new month's textbook hits the shelves and browse it, eager to know the development of the story.

Recently I bought a collection of short stories, which includes "The Dancing Dwarf." This book could be my first step or second step to Haruki's world. But for the time being, it seems to be much more fascinating for me to listen to this radio program with a proper guidance and in-depth reading.

2015年2月 9日 (月)

野口健さん講演会 A Lecture by an Alpinist Noguchi Ken

014

昨日アルピニストの野口健さんの講演会に行ってきました。

エベレスト登頂のこと、エベレストや富士山の清掃活動のこと・・・その他、どれも興味深く聞きました。

野口さんはいろんな活動をされてますが、活動って「みんなに好かれようとすると何もできない」「自分の正義が社会の正義ではない、自分が正しいと思うことが必ずしもみんなが正しいと思うことではない」「自分の正義感に酔いしれると1点しか見えなくなり、自分以外を認めなくなる」「新しい活動を始めるのは新鮮で楽しいことだが、続けていくのはいかに大変か」「こつこつじわりじわりが大事」など・・・

体験から話されていることなので説得力があります。

しかし、講演が終わって、「ああ、良かった、楽しかった!」と言うと一緒に行った友達が、「途中で眠くなっちゃった。思ったほど感動しなかったわ」。

え、うそ!ガクッ!感じ方は人それぞれなんだなあと改めて実感した次第。

できれば講演の余韻に浸りながら、あそこが良かったここが良かったと感動を分かち合い大いに盛り上がりたかったのだけど、まさに私の感動することイコール他の人の感動することではないと、ちょっぴり残念に思った次第です。

I went to a lecture presentation by a famous alpinist Ken Noguchi yesterday. He talked about his climbs of Mt. Everest, his cleaning activities of Mt. Everest and Mt. Fuji and others. His talk was so fascinating that time flew so quickly.

The words he said toward the end of the speech were especially impressive. "If you want to be loved by everybody, you can't do anything." " Your justice is not always society's justice, what you think is right is not always what other people think is right." " If you are so self-absorbed in your own justice, your vision is narrowed and you will not be able to accept other people's idea." "To begin a new activity is exciting and fascinating, but to keep it for a long time is not easy." "You have to stick to it once you start something." Since all these things came from his experience, they were convincing. I loved it.

Then after the lecture, I was a little disappointed to hear my friend say that she got bored halfway and was about to fall asleep. I wanted to share the same feeling with her, talking this and that about his speech, basking in the afterglow of his speech. Oh well, a different person feels differently.

« 2014年11月 | トップページ | 2015年6月 »