フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ベトナム旅行その7 Trip to Vietnam7 | トップページ | ガルベストン旅行1 A trip to Galveston 1 »

2015年7月10日 (金)

「言葉が自分の前にぶら下がっている」"The words hanging in front of me"

Img_5199

Scroll to the bottom for English.

"Asahi Weekly" という英和週間新聞を期購読していますが、

6月28日号の映画のページに「アリスのままで」が紹介されていました。日本での公開は6月27日でしたが、たまたま公開およそ1ヶ月前、ベトナムに行く飛行機の中で作品を見ることができました。


そして帰国後、Asahi Weekly を見たら記事が載っていた・・・という完璧なタイミング。「あ、私これ見た!」と・・・

私は、普段ハッピーエンドにならないような作品はまず見ないようにしているのですが、これは不覚にも全く内容を知らないまま見始めてしまいました。見始めた途端ぐいぐいと引き込まれて最後まで夢中で見てしまったという次第です。(ちなみにもう一つ機内で見た映画がありましたが、それはディズニーの「シンデレラ」実写版でした。アリスを見た後だけにハッピーエンドの癒し効果がありました。)

主人公のアリスは50歳の誕生日を迎えたばかりの言語学者。講演の最中に「語彙」と言う言葉が思い出せなくなる。言葉を忘れたり、約束を忘れたり、人の名前が出てこない・・・・・もう身につまされることばかり、実際私には日々思い当たることばかり・・・・

しかし実はアリスの場合単なる度忘れとか加齢による物忘れという単純なものではなかったのです。診断の結果、若年性アルツハイマーで、しかも家族性のものだとわかります。つまり遺伝性のものであり家族も将来発症する可能性があるということです。言語学者というところもなんという皮肉でしょう。しかも映画の冒頭部分は子供の言語習得過程についてアリスが自信に満ち満ちて颯爽と講演をしているシーンです。

Asahi Weekly の記事を読むと一つ一つの場面が鮮明によみがえります。アリス自身が自分の中で起こっていることについて次女のリディアに話す部分があるのですが、紙面から抜粋したいと思います。アルツハイマー患者自身が自身の視点から語るところが稀かもしれません。

リディア: どんな感じ?つまり、実際にどんな気分?

アリス: そうね・・・いつも同じってわけじゃないの。いい日もあれば・・・悪い日もある。いい日には、ほとんど正常な人に見えるわ。でも悪い日は、自分を見つけられない感じ・・・・知性と言葉遣いと歯切れの良さが、ずっとママの取り柄だったけど、今は時々、言葉が自分の前にぶら下がっているのが見えるのに、手が届かない。自分が誰なのかわからないし、次に何を失うのかもわからなくなるの。

リディア: それって、つらそう

アリス: 尋ねてくれてありがとう

I found the article about the movie "Still Alice" in the weekly paper I subscribe to. I happened to see this movie on the flight to Vietnam a month ago. It was released here in Japan on June 27. I feel lucky to have seen it ahead of the release date. Reading the article brings back each scene vividly.

I usually don't watch movies or dramas that don't have a happy ending. I just happened to start watching without any knowledge of the story, and once I started, I was completely drawn into it. I couldn't help keeping watching it.

It's a heartbreaking story. Alice is a linguist, a professor at Columbia University, who has just turned to be 50, with a loving family. She notices something is wrong with her. She starts to forget words, promises, people's names.... That's familiar....I'm myself fed up with senior moments happening every day.

But in Alice's case, it was not that simple. It's not just a memory lapse or anything. The doctor diagnoses her as early onset Alzheimer's disease and it's familial. It's ironical that she is a linguist. The movie starts with the lecture Alice is giving about the process of the children's gaining their mother language. She can't remember the word "lexicon."

Reading some scenes introduced in the column of the paper, I vividly recall each one of them. There is a scene where Alice is talking with her daughter Lydia about how she feels actually. It may be a rare thing to hear what is going on from the patient themselves. Here is an excerpt from the paper.

Lydia: What is it like? I mean what does it actually feel like?

Alice: Well... It's not always the same. I have good days...and bad days... On my good days, I can almost pass for a normal person. But on my bad days, I feel like I can't find myself...I've always been so defined by my intellect, my language, my articulation and now sometimes I can see the words hanging in front of me and I can't reach them and I don't know who I am and I don't know what I'm going to lose next.

Lydia: That sounds horrible.

Alice: Thanks for asking.

« ベトナム旅行その7 Trip to Vietnam7 | トップページ | ガルベストン旅行1 A trip to Galveston 1 »

5.洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベトナム旅行その7 Trip to Vietnam7 | トップページ | ガルベストン旅行1 A trip to Galveston 1 »