フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月27日 (金)

ガルベストン旅行5 A trip to Galveston

193 196 206
211 210 219
230 234 010

012 013 224

Scroll to bottom for English.

イベントの後は、ムーディーガーデンで行われたフェスティバル・オブ・ライツという光の祭典に参加しました。開会式にはサンタさんやスポンジボブも登場。本物(?)見たのは初めてだ!

私達は新潟巻地区に伝わる鯛車という玩具を引いてステージに上がり庭園を回って歩きました。鯛車の中にはライトがともされあたりが暗くなるととてもきれいでした。

ムーディガーデン内はクリスマスの飾り付けがされ暗くなるにつれ園内は美しく輝きました。「クリスマスの12日」の音楽が流れ「私の愛する人」からの贈り物が歌詞にあわせて点灯され浮かびあがっているのが見えました。

イルミネーションのほかにも氷の滑り台や零下20度の体験コーナーなどアトラクションがいろいろありました。
庭園内を一回りして見てきましたが、まだ名残惜しく後ろ髪引かれながら帰路に着きました。

After the culture event, we participated in Moodie Garden Festival of Lights. Santa Clause and SpongeBob showed up in the opening ceremony.

We walked on the stage and then along the path in the garden, pulling "Taiguruma" or Fish-Cart Paper Lanterns, which are traditional toys handed down in Maki District in Niigata. As it got dark, "Taiguruma"shone beautifully with lanterns lit up inside.

The garden was filled with merry Christmas atmosphere with more than a million lights. The music "Twelve Days of Christmas" was being played, a gift given on each day by "my true love" emerging in the dark to the song.

There were many activities and events there such as ice sliding and experience of minus 20 degrees. I wished I could stay longer, time permitted.

2015年11月23日 (月)

ガルベストン旅行4 A trip to Galveston 4

18_3 26 27_2
28_2 157_2 163_2
171_2 174 177_2
138 180 181

Scroll to bottom for English.

ガルベストン二日目はムーディーガーデンにて文化体験のイベントが行われました。これが今回の私達のガルベストン訪問の最大のミッションになります。

ガーデン内のラーニング・プレイスというところの二部屋と中庭を使い、午後からのイベントに備え朝から会場の設営を行いました。

私は折り紙の担当でしたが、書道、お箸体験、着物着付け、お茶、新潟のお菓子お酒の試飲、新潟紹介などのコーナーがありました。それに呼び込み担当の人たちのがんばりもあって、イベントは大盛況の内に終えることができました。

思った以上にたくさんの人たちが来てくれて、大忙しの一日でしたが、楽しかったです。来場者の方達の表情がすごくいい。いい人が多い気がする。

折り紙は得意と言う人たちも何人か来ました。中には一緒に教える手伝いをしてくれる人まで現れました。折り紙は今や世界じゅうに広がっているようです。

そう言えば最近、TEDと言うプリゼンテーションのイベントで「折り紙の数学と魔法」というスピーチを聞きました。NASAでは折り紙を応用したソーラーパネルが開発されているようです。折り紙が宇宙にまでつながってしまうなんてとっても驚きです。

私達の作るものは全然簡単なものですが(鶴が一番難しいくらい)、私達「折り紙班」の班長さんが本物のお札で作った動物園とピンセットを使って作った繊細で芸術的な折り紙の展示には私達も感嘆の声を上げました。すごい作品です。一枚の紙から作られているとは思えないまさに数学的な思考が要求される折り紙だと思います。

The culture experience event was held on the second day. Our mission was to introduce Niigata and Japanese culture.

In the morning, we set up the place, using two classrooms and the court yard in the learning place in Moodie Garden.

I was in charge of origami. There were also booths for calligraphy, tea ceremony, kimono wearing, introducing Niigata rice cracker and tasting sake, picking-up-beans-with-chopsticks and so on. There were also people in charge of calling and attracting visitors into our event. Many people came and we ended the event on a high note.

It was a busy day, but good busy.

There were some people who are good at origami. There even appeared a man who helped us teaching how to do origami with us.

I happened to see a presentation "Math and Magic of Origami" on TED presentation. A solar power panel utilizing origami has been developed at NASA. It's amazing origami has reached as far as the universe.

Our origami is simple and easy, but the animals that the honcho of our origami section made from real bills and the sophisticated and elaborate origami works he made with tweezers were so amazing that even we couldn't help oohing and ahhing. It's unbelievable that they are made from one piece of paper. It's origami that requires mathematical brain work.

ガルベストン旅行3 A trip to Galveston 3

19 22


車窓から撮ったガルベストン市内の写真です。街路樹のヤシの木と家の壁の色使いやデザインに異国情緒が漂っています。やはり似たような作り、似たような外観の住宅が建ち並んでいます。建売のコンドミニアムかアパートではないかと思われます。

Some pictures I took from the bus window. The palm trees and the colors and the design of the houses look exotic. Houses with the similar design are lined up along the street. They may be ready-built condominiums or apartment houses.

21 20 23


到着して最初の夜は歓迎パーティが開かれました。今年は新潟とガルベストンの姉妹都市提携50周年に当たります。今回のこの旅行は50周年記念事業の一環として行われたものでした。両市の深いつながりと歴史を感じました。ガルベストンで50年前から新潟との交流に携わってらっしゃる方もこのパーティに参加されていて感慨深いものがありました。

お琴の演奏をされている方は私と同じお宅にホームステイをすることになったSさん、お琴のお師匠さんです。

私達二人の間に座っている方は私のホームステイ先の "Paula" さんと言う方で20年前にALTとして新潟市内の中学校で1年間教えられた経験があります。現在は地元の中学でテクノロジーを教えてらっしゃるとのことです。

ポーラさんには3日間車での送迎を含め大変お世話になりました。会場から家はすぐそこだと言われましたが、30分以上はかかった気がします。もしかしたら新潟と三条くらいの距離があったのではないかと思います。遠い、近いの感覚は日米で違うかも。

A reception was held on the night we arrived. This year falls on the 50th anniversary since Niigata and Galveston established a sister city relationship. This trip took place as a part of the anniversary celebration. I felt strong ties and a long history between the two cities. There was a person who had been involved with this friendship thing for the past 50 years.

The lady playing the koto in kimono is a koto teacher from Niigata. She and I stayed at Paula's. Paula worked as an ALT at junior high schools in Niigata for a year twenty years ago. She now teaches technology at junior high in Galveston.

We owed her a lot while we were there for 3 days, including driving us back and forth. She said it was close, but it probably took more than 30 minutes from her house to the hotel where the reception was held or the Moodie Garden where the event was held on the second day. I'd like to return the favor when she has an opportunity to visit Niigata again.

2015年11月22日 (日)

ガルベストン旅行2 A Trip to Galveston 2

8 017 5

4 3 9

10 13 14

Scroll to bottom for English.
 
長いフライトを終えヒューストンに到着。

全員でバスに乗り込みガルベストンに向かいます。

バスの窓から撮った風景です。同じような住宅が建ち並んでいるのをあちこちに発見しました。

「建売住宅かな?」とコメントすると、「え、アメリカに建売住宅なんてあるの?」とみんなに笑われてしまったのですが、やっぱり建売住宅に見える。確かになんとなく私も建売住宅は日本の専売特許のように感じていましたが。それで日本に帰って来てからネットで調べてみたらなんと建売住宅の本家本元はアメリカだそうです。ほんまにびっくりぽんや。

ヒューストンは石油産業の街だということで、運河沿いに貯油タンクが並でいるのが見えます。工業地帯となっています。

道路は渋滞緩和のため、真ん中に二人以上乗りの車専用のレーンがあります。バスの中から見ていたので正しく理解しているかよくわからないのですが、レーンが壁で囲われています。6枚目の写真をよく見ると見えると思います。ガイドさんの話ではこの優先レーンに乗りたいがために、ダミーの人形を乗せて走ったり、妊婦だから1人ではなく2人だと主張した女性など出てきたそうだけど、却下されたそうです。そりゃやっぱり無理でしょう!

下の写真はガソリンスタンド。こちらのガソリンスタンドには後ろに必ずコンビニやレストランが併設されています。

We arrived in Huston after a long flight.

We all got into the bus and headed for Galveston.

I took pictures through the bus window. I found ready-built houses here and there. Somehow I thought that ready-built houses are Japanese thing, but I searched the Internet and I learned that they are originally from America.

Huston is known for its oil and gas industry. Tanks are lining up along the canal. In order to alleviate traffic congestion, there is an exclusive walled lane for the vehicle with two people including a driver. Some people put a dummy in the passenger's seat or a pregnant woman insisted that she should be counted as two people because of the baby in her belly. But they didn't buy the stories.

The pictures below are gas stations. Usually a gas station has a restaurant or a convenience store behind it. I've never seen such things in Japan, so it's interesting. Maybe we should do the same.


11 12

ガルベストン旅行1 A trip to Galveston 1

15 2 1

Scroll to bottom for English.


11月3日から17日の5日間、「友好の翼」に乗り新潟市と姉妹都市であるガルベストンに行ってきました。

「ガルベストン」と言うとたいていの人の反応は「???」
でもアメリカでは有名な観光地であると知りました。アメリカテキサス州南東部に位置し、空港はヒューストンになります。

私は新潟市民ではなくて、三条市からの参加。個人で行く気ままな旅というわけではないので、出発までには何度も打ち合わせのため新潟まで通うことになりましたが、遠いのでこれがなかなか大変なことでした。

さて最初の写真は新潟空港での集合写真。まだ何人か来ていない人達もいましたが、とりあえず記念撮影。2枚目は新潟から成田に向かう飛行機。小さい!タラップを上って機内に入ります。成田から今度は国際線に乗り換えヒューストンに向かいます。

ヒューストンまで行きは約11時間、帰りは13時間くらいかかります。久しぶりに長時間のフライトです。

機内で私の左隣にビジネスで日本を訪れていたチリ人の女性が座りました。初めて日本に来たけど、日本がきれいですばらしい国だと日本絶賛していました。特にトイレにはいたく感心し、トイレの写真も撮ってきたそうです。日本のトイレは最先端テクノロジーですからね。今度はぜひご主人を連れて来たいと言っていました。こんな話を聞くとうれしくなります。

名前はPaulaさん、チリでは「パウラ」と発音するそうです。偶然ですが、私のガルベストンでのホームステイ先の方の名前もPaulaさん。でも北米では「ポーラ」と読みます。今回の旅行ではホームステイも大きな魅力です。

I joined a tour to Galveston, a sister city of Niigata, to celebrate the 50th anniversary of the official friendship between the two cities.

Whenever I mention Galveston, people's reaction is something like "Gal...what?" It's not well known, but in America, it's a famous sightseeing spot.

The first picture is the small airplane we took from Niigata to Narita. We went up the ladder into the plane. Then we connected to another flight to Huston. It takes about 11 hours to go there and 13 hours to come back.

I sat next to Chilean lady on the flight to Huston. She was on her way back home in Chili after staying in Japan for a week on business. She was so much impressed with how beautiful and clean Japan is that she said she would like to come again with her husband next time. She seemed to have fall in love in Japan. Also she was amazed with the bathrooms and took pictures. Yes, our toilets are the most advanced in the world! I was so happy that she likes Japan.

It's a coincident, bu her name was "Paula" and I was to stay with "Paula"in Galveston. They pronounce the name differently from America, though.


« 2015年7月 | トップページ | 2015年12月 »