フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月 5日 (土)

ガルベストン旅行8 A trip to Galveston 8

416 417 418 421 422 431 433 434 436 437 440 441 442 444 447

Scroll to bottom for English.

ガルベストンに戻って「ビショップ・パレス」を見学。1886年から1992年に建てられたビクトリア朝様式の建築物だとのこと。建物外観からは美しさとともに力強さを感じます。この石造りの建物は1900年のハリケーンにも耐えました。米国建築家協会によりアメリカの100の最も重要な建物の1つとして揚げられているそうです。

手の込んだ彫刻、ステンドグラスの窓、暖炉、天井、壁、階段の手すり、洗面所、豪華な装飾品、ため息が出ますね。オーディオガイドがあると他の旅行者が教えてくれたのですが、時間がかかりそうなのでやめました。日本語のガイドがあったかどうかは定かではありませんが。

030 029

この後、スーパーマーケットで買い物をし、テクス・メクスなるアメリカ風メキシコ料理の夕食を取り、旅の行程はすべて終了。あっという間の訪問でしたが、中身が濃くて、新潟を出たのがずっと前のことのようです。

ガルベストンには古くて歴史ある家々が残っていると聞きました。同じお宅にステイしたSさんはステイ先の方と一緒にそちらに行きました。ヒューストンと両立できずにあきらめましたが、もしも次回があるなら行ってみたいものです。

ガルベストンの皆様、お世話になりました。ホストのポーラさん、ありがとうございました。一緒にステイしたSさん、ポーラさん、私の優柔不断でいろいろ迷惑をかけてしまったことを申し訳なく思います。すべてが良い思い出となりますように!

では、また会える日までごきげんよう、さようなら。

終わり

We went back to Galveston and visited Bishop's Palace, most well-known building in Galveston. This Victorian home was built from 1886 to 1892. The facade looked strong as well as beautiful. According to the Bishop's Palace website, it is cited by the American Institute of Architects as one of the 100 most important buildings in America. The stone-made building withstood the Hurricane in 1900.

The intricate carvings, sculptures, stained glass windows, fireplaces, ceilings, walls, carvings on the rails were all amazing.

After this, we went to Walmart to do some shopping and then enjoyed Tex-Mex cuisine at a restaurant.

Our itinerary was almost over here. Early in the next morning we left Galveston. It was such a short time visit. I hear that there is an area where old traditional houses stand in Galveston and if there is the next time, I'd like to visit it.

Thank you so much for letting us stay at your home, Paula. Thank you for being so kind to us, people in Galveston.

See you again. Take care.

ガルベストン旅行7 A trip to Galveston 7

399 409 279

明けて、三日目はガルベストン市が私達のために用意してくれたスクールバスに乗りヒューストンにあるアメリカ航空宇宙局(NASA)へ行って来ました。
車内には生徒達が描いた絵が見えます。

ホストファミリーと一緒に過ごすという選択肢もありましたが、せっかくここまで来たなら見ておいたほうが良いということになり、このツアーに参加しました。ちょうど中学の英語の教科書にもNASAが出てきたところだしね。

道中、青い橋が見えますが、みんなにつられて写真だけは撮ったものの、他に気を取られていて説明をろくろく聞いていなかった。気になって、家に帰ってから写真だけを頼りにかなりがんばって、あちこち検索してみたら・・・・だったら最初からしっかり聞いておけという話ですが・・・または一緒に行った仲間に聞けという話ですが・・・ステイ先の人にだけは聞いてみたが、逆に「これはどこだ?」と聞かれてしまいました。「ガルベストンだ」と言うと、「それはガルベストンの古い橋で、跳ね橋だ」と言われたので、「そうですか」と言ってあきらめ自力で探した次第です。
Galveston Causeway Vertical Lift Railroad Bridge
と言うんだそうだ。もともとかかっていた古い跳ね橋に替わって2012年に作られたものらしい。橋桁が垂直方向に上下するらしい。お、おっと、それならかなり珍しいものではないですか!!いやいや新しい橋だし。それなら動いているところを見たかったものです。

On the third day, we went to NASA in Houston. Galveston city kindly provided us a school bus. There were some pictures drawn by the students put above the bus windows.

I could have spent the day with my host family, but I thought I should see NASA now that I was in Galveston, very close to Houston.

On the way to NASA, we saw the blue bridge. I didn't listen attentively to what they said about this bridge although I took a picture of it. After coming back home, I searched on the net with this photo as an only clue. I found it is Galveston Causeway Vertical Lift Railroad Bridge and that the old bascule-type drawbridge on the railroad causeway was removed and replaced with this vertical-lift-type drawbridge. Then it's really precious and rare!! I wish I could have seen it move.


285_2 294 309 315 358 359
351

ジョンソンスペースセンターに着くとすぐ、トラムに乗って広大な敷地を周り施設を見てきました。約90分のトラムツアーで、宇宙飛行士の訓練施設では各国の宇宙船の実物大のモデルがガラス越しに見られました。ロケットパークでは実物の巨大なロケットやエンジンを見て触ることができこれはかなりの迫力でした。なおトラムツアーは2種類ありました。もう一つはどんなツアーだったのかな~。

We took a tam tour to go around in the vast site at NASA Johnson Space Center. We saw models of spacecrafts through the windows at Astronaut training facility and real rockets and engines at Rocket Park.

381 382 389 390 392

トラムの後は施設内の巨大スクリーンでシャトル打ち上げの迫力ある映画を見ました。ちょうどタイミング良く上映時間に間に合いました。その後月面のジオラマやアポロ17号の指令船などの展示を見て歩きました。宇宙への憧れロマンをかきたてられるなあ~

また「月の石」が展示されていて触ることができます。実は何を隠そう(隠してないけど)、私は月の石に触るのは初めてではない。2000年にワシントンDCを訪れた時、スミソニアンの航空宇宙博物館でも触っています。その時の旅行記を見るとこう書いてあります。

「世界でも数少ない触ることのできる月の石があると言うので、期待して行ったのに、何処にも見あたらず、やっと探し当てた在処は、何と一階入り口真正面。なぜすぐに気が付かなかったかと言うと、この写真を見ても分かるように小さい!!底辺2センチ高さ3センチくらいの二等辺三角形の黒い石がプレート状に・・・大きな岩でクッションの上にうやうやしくのっているのを想像していたので思わずずっこけ、二人で大笑い。」てな具合です。

ヒューストンの月の石も同様です。期待して来ると、ずっこけるかもしれません。

下の一枚目の写真はヒューストンの月の石。二枚目の写真はワシントンスミソニアンの月の石。おもしろいので並べてみました。

395 Washington3

実は何となくもっといろんな宇宙体験ができるような気がしていたので当てがはずれました。実はあったのかも知れませんが、滞在時間が短くて見つけられなかっただけかもしれません。1日かけて行くともっといろいろな発見もありかなり遊べたかもです。

The movie which showed us space shuttle launches on a big screen, a diorama of the surface of the moon, Apollo 17 command module at Starship Gallery... they were all amazing. They all excited our imagination, curiosity and interest in Space.

The moon rock was displayed so that we could touch it. But this was not the first time for me to touch the moon rock. I visited Smithsonian National Air and Space Museum when I visited Washington DC in 2000. At that time, my expectation was so high. I expected a huge rock sitting respectfully on a gorgeous cushion or something, but the rock was so small that I couldn't find the display at first and had to walk around some time to find it although it was placed in the middle of the entrance on the first floor, the most noticeable place.

I put up two photos, just because it's interesting. The first one is from Houston, the second one is from Smithsonian in 2000.

2015年12月 3日 (木)

ガルベストン旅行6 A trip to Galveston 6

251 244 255 259 261 262

ステイ先の家の様子と近所です。平屋が多いです。

ムーディーガーデンのクリスマスイルミネーションを見た後は、「やっぱり家庭料理が食べたいわよね~」と言うことで、ホストファミリーの家に戻り夕食ということに決めていました。

しかし帰り道の車の中でポーラさんが言いました。いわゆる本格的な料理という料理はしないので、冷蔵庫にあるあれとこれを温めて、サンドイッチを作ろうかと思うがそれでどうかなと。思い描いていた家庭料理ではないが、私はそれでいいと答えましたが、それを聞いた料理大好きなSさん(同じ家にステイしたお仲間)が、こともあろうに、「じゃ、私が料理する」と言い出しました。え、うそでしょ!

結局、冷蔵庫や棚を物色し、「ミックスベジタブルのトマトシチュー」と「鶏のソテーのポテトとホーレンソウ添え」を作ることに。私はそのお手伝いをする羽目に・・・

まさかここで料理することになるとはね。(1ヶ月あるいは1週間、いや4,5日でも滞在するならそれもありだが・・・)

ポーラさんは私達がせっせとキッチンで働いている様子をパチパチとカメラで撮り、出来上がった料理を三人で食べながら、「今度は私も同じものを作ってみる」としきりに感心していました。

Sさんも私も家では毎日料理をしていると言うと、「毎日するのか?」と驚かれました。一般化することはできないですが、日本人の主婦はたいてい毎日料理をしますよね。最低でも夜はちゃんとした料理を作るし、朝はご飯に味噌汁、焼き魚か卵焼きなど作ると言っても結構当たり前で驚く人はいないと思います。

そう言えば以前にも朝食の話をしたらアメリカ人の友達に「朝から火を使って料理をするのか」と驚かれたことがありますが、食文化の違いを感じますね。人によっても違うでしょうが。まあ、一人暮らしだとあまり作らないかもね。ポーラさんはこの日の朝ごはんは早起きして作ってくれました。私もちょっと手伝いましたよ。

Above are the pictures of the house and the neighborhood we stayed at.

After enjoying Christmas lights at Moodie Garden, we went back home to have some home cooking.

On the way back, Paula said, " I don't do "cooking" cooking. So I'll heat up this and that in the fridge and make sandwiches. Is that OK?" To hear this, my home-stay mate S said, "I'll cook. I like cooking." It may have been different from what you think when you hear "home cooking." But...

"Are you sure?!"

Coming back home and checking the refrigerator, she decided to make tomato stew with mix vegetables and chicken saute with potato and spinach. So I ended up helping her in the kitchen.

Paula took our pictures while we were cooking and seemed to be very impressed with the dishes we made. She told us that she would cook the same thing herself.

Hearing us say that we cook every day at home, she seemed to be surprised, asking, "Every day?" I can't generalize, but most of the Japanese wives cook every day, don't they? No one would be surprised to hear that they cook rice, miso soup, grilled fish or fried egg or something for breakfast. Come to think of it, one of my American friends was once surprised to hear about our cooking breakfast in the morning. Food culture seems to be different from each other. But of course, it depends, and if you live alone, you probably would cook less often. Paula had made breakfast for us early in the morning, and it was good, I have to add.

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »