フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

7.旅行・地域

2014年11月23日 (日)

保内植物園 Beautiful Autumn Day in Honai

1557356_878974795454653_69625628870 1402978_878975392121260_84629587667 10380825_878975445454588_4261923808 1404484_878975328787933_17807368414 1404737_878975642121235_848620417_3 10382023_878975675454565_6311875500 10460892_878975555454577_2285453454 10704231_878975645454568_7242963347 1507239_878975728787893_11995870569

保内公園の茶室「松濤庵」から熱帯植物園と公園遊歩道を散策。今日は久しぶりに太陽が顔を出し、一日中暖かく木々の葉たちも晩秋の日差しの中で最後の輝きを放っていました。

Honai Park in Sanjo. Starting from the Japanese tea ceremony house, we strolled around the Tropical Greenhouse Dome and then the walking trail of the park behind the Dome. The sun was out after a long spell of rainy weather, the leaves of the trees were giving off the last brilliance before winter comes.


2014年11月18日 (火)

旧齋藤家別邸 The Saito Faimily Summer Villa

10682153_876503852368414_6464344469 1522479_876546899030776_69798725779 10697373_876504535701679_3032432747 1502773_876504229035043_57337343236 1658566_876504159035050_37886017075 10264003_876503975701735_8730332281 10477648_876504502368349_8136065744 10620196_876504149035051_7840872020
10623850_876504459035020_9070834535 10679875_876504199035046_5410522816 10679875_876504222368377_4395460708 1399507_876503869035079_59837611103 1496004_876504182368381_31429552188 10608488_876503955701737_7924817040


弥彦公園の紅葉とはまた一味違う趣のある紅葉の風景。こちらは新潟市旧齋藤家別邸。こちらもピークを少し過ぎているのですが、葉っぱが落ち始めているのも物悲しくなんとも言えない風情がある。

建物1階から見る風景、2階から見る風景、茶室から見る風景、広間から見る風景、硝子戸越しに見る風景(それも昔の硝子だから少しでこぼこして歪んでいるのがさらに風情がある)・・・

建物と風景が一体となって、それぞれの場所で全く違う世界を見せてくれる。庭に降り立つと目の前に広がる紅葉絵巻に一歩歩いて歓声、二歩歩いてまた歓声・・・

たまたま私と同年齢とおぼしき女性のグループとご一緒することになりましたが、一歩歩くごとにきゃあきゃあと喜びあいました。ついて回ってくださったボランティアガイドさんも、あまりの反応の良さに喜んでくださったでしょうか。いや、さっぱり先に進めず内心気をもんでいたかもしれませんm(_ _)m

The Saito Faimily Summer Villa in Niigata City. I was deeply impressed by the way the building and the garden are in great harmony with each other. They are elaborately designed so that different rooms of the villa show different views. The garden seen through a bit-distorted old glass-window has its own beauty. The scenery from the second floor is different from the one from the first floor. Walking in the garden, I felt as if I had stepped into the world of beautiful picture scroll.


2014年11月17日 (月)

弥彦の紅葉 Autumn Color in Yahiko

1015327_875508239134642_855653937_2 1267663_875506969134769_77177223002 1267663_875507115801421_24382168900 1272691_875507402468059_86991534191 1402837_875507412468058_43055627027 1512258_875507015801431_11732949894 1599664_875508232467976_83943050168 1973266_875507175801415_22432776068 10298306_875508259134640_8412362990 10365464_875508269134639_2625859193 10454974_875507282468071_4401686631 10655214_875507089134757_2439730663 10679957_875508185801314_8817789725 10697260_875508102467989_8417354438 10700602_875508199134646_9109710372 10733872_875507989134667_8363541853

ここ数日降り続いた雨がやっと上がりました。

弥彦の紅葉は1週間ほど前が見ごろだったとのことで、葉っぱも散り始めていますが、まだまだこんなに見ごたえがあります。

階段や地面を覆う紅葉のカーペットも風情があって美しい。池に映し出された姿もきれい。お天気は曇りで結構寒かったけれど、そのお陰かどうか、渋滞もせずスムーズに行けて逆にラッキーでした。

弥彦のもみじは種類が多いようで、1枚の葉っぱが赤と黄色のツートンカラーです。何だかとってもおしゃれな葉っぱです。

The rain which continued for a several days let up at last. The leaves in Yahiko Park started to fall, but were still so beautiful. The ground and steps covered by the carpet of red and yellow leaves looked amazing!

There seem to be many different kinds of maple trees in Yahiko. One of them have two-color. I like this.

2013年12月14日 (土)

沖縄旅行記その2 Trip to Okinawa 2

Okinawa22 Okinawa23 Okinawa24 Okinawa25 Okinawa26 Okinawa27 Okinawa28 Okinawa29 Okinawa210

沖縄2日目。那覇市内のホテルから車で東に走り「おきなわワールド」へ。おきなわワールドには玉泉洞と言う国内最大級の鍾乳洞があります。総延長5000m、 その内 890mが観光用になっています。東洋で最も美しい鍾乳洞だとのこと。 「30万年という気の遠くなるようなときを経て作られたまさに大自然の彫刻博物館」です。(パンフレットから引用)。

大自然の神秘、不思議、壮大さにに圧倒され感嘆せずにはいられません。

私はジュール・ヴェルヌのSFが好きで、「地底旅行」などよく読んでましたが、まさに「地底旅行」をしているような気分で、ワクワクがとまりません。

そう言えば、昔修学旅行で山口県の秋芳洞に行ったなあ。でもあまりに大昔で「行った」ということしか記憶に残ってないのがちょっと残念。

Day two in Okinawa. Driving east from the hotel, we reached "Okinawa World," where there is the biggest limestone cave in Japan. It's 5,000 meters long, out of which 870 meters can visitors walk for sightseeing. It's said to be the most beautiful limestone cave in the East. It's the museum of sculpture that Mother Nature has created over the course of mind-boggling 3,000 million years of time.

I was overwhelmed by the panoramic view spread out before and couldn't help oohing and wowing at the marvels of nature.

I loved scientific fiction written by Jules Verne as a school girl and was excited to read a novel "Journey to the Center of the Earth." I saw the movie based on the story as well.

I was so fascinated, feeling as if I were traveling in the center of the earth.

2013年12月12日 (木)

沖縄旅行記その1 Trip to Okinawa 1

Okinawa1 Okinawa2
12月4日(水)~12月7日(土)、娘、孫娘、私の三人で沖縄旅行に行きました。新潟空港11:20発ANA465便に乗り飛び立ちました。4日間とも好天に恵まれ最高の旅になりました。

飛行時間は3時間。飛行機が高度を下げてくると海岸線がくっきりと見えてきます。
1枚目の写真は機内から撮った沖縄の海岸線。2枚目はポケモンの飛行機。

The first picture is a beautiful coast line of Okinawa I took from the airplane.
The second one is Pokemon Jet.

The girls of three generations traveled in Okinawa from December 4 to December 7 in 2013. Blessed with a fine weather, it turned out to be the perfect trip ever. The flight time was about 3 hours.

Okinawa4 Okinawa13 Okinawa17_2 Okinawa18_2 Okinawa5 Okinawa12 Okinawa6_2 Okinawa15 Okinawa9 Okinawa3

予約していたレンタカーをゲットして最初に行ったのは世界遺産にもなっている首里城。首里城公園内は見所がいくつもあります。鮮やかな朱に彩られた首里城を見ると、沖縄は日本と中国の文化を融合させて独自の文化作りあげてきたことがよくわかります。

On arriving at Naha Airport, we got the rental car that we had booked. The first place we headed for was "Shurijo Castle, one of the World Heritage Sites. Seeing the castle, I understood how they created unique Okinawa culture, blending Japanese and Chinese cultures.

Okinawa10

最後の写真は夜沖縄料理の店で食べたラフテーという豚の三枚肉の角煮。黒砂糖で煮るそうで、とろとろでした。

The last picture is stewed pork belly. Brown sugar is used to season it. It melted in the mouth.

2013年3月30日 (土)

新潟清五郎 Seigoro in Niigata

Farmer

新潟市江南区の「清五郎地区」の川口に植えられた一本松と記念碑。記念碑をよく読んでみると、「8人の人々が加賀の国大聖寺三谷村から舟に乗り開墾に来た」ということが書いてあります。加賀の国と言えば私の故郷ではないですか!!何だか急に親しみを感じました。8人の1人「清五郎」が病に倒れ帰らぬ人となったのを偲んで、「清五郎」が地名になったそうです。

A stone monument in Niigata Konan District and a pine tree. In 1640. eight people came here by boat from "Kaga," which is an ancient name for Ishikawa Prefecture, to develop new land. Speaking of "Kaga," it is my hometown! I can't help having a friendly feeling for this place. Out of the eight people, one whose name was "Seigoro" fell ill and passed away. In remembrance, they named this place "Seigoro" after him.

2012年2月18日 (土)

日本海 The Japan Sea in early December

Sea2_2 Sea

昨年12月4日に撮影した日本海の写真です。
この日はこんなに晴れていたのですね。春夏秋冬、さまざまな表情を見せる海を眺めているとしばし時を忘れます。

I took these pictures on December 4 in 2011. It was such a beautiful day. I never get tired of watching restless waves of the Japan Sea, which presents a different face at each time of the year. I lose sense of time while watching the sea.

2012年1月17日 (火)

Winery in Niigata 新潟のワイナリー「カーブドッチ」 

Maki6 Maki8 Maki7_2 Maki1 Maki2 Maki4 Maki3 Maki5_2


昨年の12月4日にカーブドッチの薪小屋で食事をしました。

カーブドッチは新潟の片田舎にある年間30万人を集める人気ワイナリーです・・・・・ということは実は今日まで全然知りませんでした。カーブドッチがでている番組のビデオを見て知ったのです。

また、私はカーブドッチにはこれまでにも何度か行ったことはあるのですが、この薪小屋というレストランで食事をするのは初めてでした。

たまたまその日(12月4日)、BSの「カンブリア宮殿」というドキュメンタリー番組にカーブドッチの経営者である落さんが出ていました。落さんは誰もが見向きもしなかった新潟の砂地を開墾し、ブドウ畑を作り、ワイナリーを開きました。しかし流通にのせ東京でワインを売ることは考えず、東京の人たちにワインを買いに来てもらおうと考えたのだそうです。

「大きくすることに意味はない」「個性的であれ」などの彼の言葉には、これからの日本の産業のあり方、生き残る道が示されているように思いました。

放送内容の素晴らしさ=落さんとカーブドッチの素晴らしさはここに再現することはできないけれど、メインインタビューアーの村上龍氏が最後に次のように言っていたのを引用します。

「落さんのワインはおいしいというあいまいな評価を超えるものだった。誠実で陰影のある香りと味わいがあった。要するに本物だったのだ。ワインは基本的に地元のものであり、移動させると味も香りも落ちる。

新潟の人達は本当に幸福だ。周辺には複数のワイナリーができつつあり、いずれ東洋の「ナパ」になるだろう。

日本は全体的には衰退しつつあるが、やりようによっては真の意味で豊かになっていく可能性があるのだと、そう思わせる人々と地域が、数は少ないが確実に存在する。」
*複数のワイナリーと言うのは、落さんに共感した若者がワイナリーを開き始めたということなのです。

夢のある、そして勇気と希望の湧いてくるそんなお話でした。

一つだけ私が個人的に常々残念に思っていること。それは・・・実は私はワインの味がわからないんですね。ワインが全くダメな人なので、人生でとても大きな損をしているように思い残念でたまりません。

"Makigoya" at CAVED'OCCHI in small town in Niigata

I had a wonderful lunch at "Makigoya"a restaurant in CAVED'OCCHI in December. It was a co-incidence, but CAVED'OCCI and its owner Mr. Ochi appeared in the documentary TV program "Cambria Palace" late on that same day.

I had been to CAVED'OCCHI several times so far, but I didn't know this is a popular winery that attracts as many as 300,000 people a year. I was so much impressed with Mr.Ochi and his way.

According to the TV program, Mr. Ochi worked hard to cultivate a sand hill in the rural district in Niigata Prefecture and make a winery. But he never thought of selling his wine in Tokyo. Instead, he thought of bringing people from Tokyo here in Niigata.

"There is no point in expanding." "Be unique." His words in the TV program seem to show the concept of the industry in the future Japan and change the way businesses in Japan should be managed.

Here I just show the last word from the host of the program.

"Mr.Ochi's wine is beyond a vague description like "delicious. It’s rich and deep. It has bouquet and flavor. It's genuine, it's real.

Wine is basically a local product. Its taste and flavor will be lost if it is moved.

People in Niigata are really happy. There are several wineries being born. It will become "Napa"(Napa in California) of the East. Japan is falling into decline as a whole, but there is a chance it will become rich in a real sense if it takes the right way. There surely are people and areas, if not many, that make me think this way."

It's exciting. It is a story that gives us courage, dreams and hopes.

2011年10月17日 (月)

花 Flowers

Dscn0830 Dscn0834 Dscn0835 Dscn0843


新潟市にはいい場所がいっぱいありますね。

食育・花育センターです。

There are a lot of nice places in Niigata City. Come and visit Niitata.

2011年10月11日 (火)

中村観光果樹園

Nakamura

新潟南区(白根)の「中村果樹園」に行ってきました。ブドウ棚の下で鍋焼きうどんとバーベキューのランチをした後、梨狩りをしました。

この日はたまたまル・レクチェ(新潟で作られた洋ナシ)狩り解禁の日でした。ル・レクチェは追熟期間が45日だそうで、私が食べられるのは後45日後です。これから毎日色が変わっていくのが楽しみです

I went to "Nakamura Orchard" in Niigata City with my friends. We had “nabeyaki udon" or "noodle hot pot dish" and barbecue under the grapevine trellis there. After lunch we enjoyed pear picking.

It happened to be the first day of this year its "Le Lecier" farm was opened to visitors. Niigata Minami-ku ( Southern ward of Niigata City) is the birthplace of Le lecier or a French pear.

I need to wait for the Lelecier pears I picked to ripe for 45 days. I will enjoy watching the process of their color changing from green to yellow.

The weather was nice and it was a perfect day for an outing.


より以前の記事一覧