フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

9.日記

2016年1月19日 (火)

今日見たビデオ

今日は新潟に行く日でしたが、吹雪のため予定変更。家で録画したままになっていたビデオの数々を見ました。
ちなみに今日見たビデオは

テレビでハングル数回分
100分で名著太宰治の「斜陽」を3回分(全4回)
ダウントン・アビー華麗なる英国の館 シーズン4の2回目


今年のテレビでハングル(2015年4月からの)は本当におもしろくできてます。キム・スノク先生、シン・ウィスさん、ハリー杉山くんの三人が毎回笑わせてくれます。

太宰治は以前見たけど、消してなかったものを再度。実は太宰治はショートコントのようなユーモアある作品も書いているしパロディーの名手でもあるというのが興味深い。4回目の特別ゲストに又吉が出ていて面白い話が聞けました。ちなみにショートコントのような「恥」という短編は番組を見た後、キンドルで無料でダウンロードして読みました。

ダウントン・アビーはシーズン4の放送がNHKで最近始まりました。(以前は韓国ドラマを放送していた時間帯です。「トンイ」や「太陽を抱く月」などよく見てました。)

ダウントンは世界的にヒットしたドラマで、特にアメリカで人気が高いらしい。場面は華麗なる英国貴族の館で展開するメロドラマというところでしょうか。歴史的な出来事も織り込まれていています。
先日「私はラブ・リーガル」(Drop Dead Diva) と言うアメリカドラマのシーズン5を見ていたら、会話の中でいきなりダウントン・アビーのエピソードを引用する場面があり、結構驚きました。アメリカでもこのイギリスドラマの認知度が高いと言うことですよね。(両方のドラマを見ている方、ステイシーがダウントンのメアリーとマシューのこと話してました。)

Because of the snow storm, I changed my schedule of going to Niigata and stayed at home all day watching videos I had recorded.
What I watched today are

Several lessons of "Hangle on TV"
"A Great Book in 100 minutes" (three out of four)
Downton Abbey -Season 4, Episode 2

This British historical drama seems to be a great hit all over the world, especially in America.
When I was watching an American drama "Drop Dead Diva-Season 5" the other day, I heard one of the characters in the drama talk about an episode from Downton Abbey, which surprised me so much. It shows how popular this British drama is in America, I understand. 
(If you happen to watch both of the dramas, it's Stacy talking about Mary and Matthew.)

2015年2月 9日 (月)

野口健さん講演会 A Lecture by an Alpinist Noguchi Ken

014

昨日アルピニストの野口健さんの講演会に行ってきました。

エベレスト登頂のこと、エベレストや富士山の清掃活動のこと・・・その他、どれも興味深く聞きました。

野口さんはいろんな活動をされてますが、活動って「みんなに好かれようとすると何もできない」「自分の正義が社会の正義ではない、自分が正しいと思うことが必ずしもみんなが正しいと思うことではない」「自分の正義感に酔いしれると1点しか見えなくなり、自分以外を認めなくなる」「新しい活動を始めるのは新鮮で楽しいことだが、続けていくのはいかに大変か」「こつこつじわりじわりが大事」など・・・

体験から話されていることなので説得力があります。

しかし、講演が終わって、「ああ、良かった、楽しかった!」と言うと一緒に行った友達が、「途中で眠くなっちゃった。思ったほど感動しなかったわ」。

え、うそ!ガクッ!感じ方は人それぞれなんだなあと改めて実感した次第。

できれば講演の余韻に浸りながら、あそこが良かったここが良かったと感動を分かち合い大いに盛り上がりたかったのだけど、まさに私の感動することイコール他の人の感動することではないと、ちょっぴり残念に思った次第です。

I went to a lecture presentation by a famous alpinist Ken Noguchi yesterday. He talked about his climbs of Mt. Everest, his cleaning activities of Mt. Everest and Mt. Fuji and others. His talk was so fascinating that time flew so quickly.

The words he said toward the end of the speech were especially impressive. "If you want to be loved by everybody, you can't do anything." " Your justice is not always society's justice, what you think is right is not always what other people think is right." " If you are so self-absorbed in your own justice, your vision is narrowed and you will not be able to accept other people's idea." "To begin a new activity is exciting and fascinating, but to keep it for a long time is not easy." "You have to stick to it once you start something." Since all these things came from his experience, they were convincing. I loved it.

Then after the lecture, I was a little disappointed to hear my friend say that she got bored halfway and was about to fall asleep. I wanted to share the same feeling with her, talking this and that about his speech, basking in the afterglow of his speech. Oh well, a different person feels differently.

2014年11月21日 (金)

手紙 Letter

10497114_878134602205339_7534567643


美しい弥彦の紅葉の写真とともに美しい手紙が届きました。手紙を下さったのは80代後半の女性です。気品があって美しい方です。写真が趣味でたくさん撮ってらっしゃいました。今や写真はすべてコンピュータの中、手紙はメールに取って代わられ、このようなすてきな手紙を受け取ることも滅多になくなりました。文体もゆかしい。

I received a beautiful handwritten letter with some beautiful picture from an elegant and beautiful lady in her eighties. While walking in Yahiko Park, she was taking quite a lot of photos with her traditional camera ( while I was taking as many pictures with my iPhone , all of which are kept in the computer and would never be printed out). Now that letters have been replaced with e-mails, it's so precious to get such a nice beautiful and artistic letter.

2013年4月19日 (金)

風呂敷その2 Furoshiki part2

Img_0530

昨日に引き続き風呂敷の話です。これは、風呂敷について書いてある中1の教科書のページです。日本の伝統的な多目的布として紹介されていました。これを見て私は風呂敷にはまり、風呂敷の使い方を研究し、自称風呂敷の伝道師となりました。アメリカ人の方たちにもデモンストレーションしていろんな使い方を紹介しましたが、好評です。

These are pages from junior high school first-year-students' textbook. Here they introduce how useful and eco-friendly a traditional Japanese cloth is. Since I read this last year, I've beena great fan of furoshiki and want to let people know how great it is.

2013年4月18日 (木)

風呂敷 Furoshiki

Furoshiki

只今、風呂敷にはまっています。中学1年の英語の教科書に「多目的布 風呂敷」という読み物があり、それを見てから風呂敷ファンになりました。最近「エコ」の観点からも風呂敷が見直されているとか。現代では素材や柄も多種多様で心引かれるものが多い。ショッピングバックや、ショルダーバックとして使ったり、ビンを美しく包んだり、ひざ掛けやスカーフとして使ったり・・・包み方や結び方をマスターすると一枚の風呂敷がさまざまな姿に変身して、便利だし、とてもおしゃれなんです。今や私は「風呂敷の伝道師」と...化しております。この風呂敷は、今一番のお気に入りです。リバーシブルで結んだ時に両面の色が見えるのがミソです。撥水加工もされていて巾着付です。

I'm really into a furoshiki, a traditional Japanese cloth. A furoshiki is introduced in the textbook used at junior high schools in Sanjo. Since I read about it last year, I have been a big fan of furoshiki. It's an all-purpose cloth. As awareness of the environment has been growing, a furoshiki has been attracting more and more attention. You can use it as a shopping bag, a shoulder bag. If you master some simple skills to knot and wrap, it changes into variety of things. You can use it as a scarf or a rug as well. I now call myself "a missionary for furoshiki." This one is my most favorite right now. It's reversible and water-repellent. It comes with this nice drawstring bag.もっと見る

2013年4月12日 (金)

歯科医院での会話 Conversation at Dental Offices

Dentist

私の教室に個人レッスンで来られている歯医者さんがいらっしゃいます。

現在この「歯科医院での実用英会話」というテキストを使って勉強中です。昨年偶然ですが、カリフォルニアで歯科医をしてらっしゃるアメリカ人のYさんとスカイプで知り合うことができました。

スカイプは言語学習のために始めたもので、無料でビデオ通話ができます。そこで最初に知り合った英語圏の人がYさんです。

その日から、二人三脚でこのテキストに書かれている英語と日本語を、もっと自然で易しい表現に直すという作業をしてきました。時差やその他の都合で何日も会えない日もありました。それでも半年ほどで一冊最後まで終わりました。

Yさんとの出会いは本当に偶然だったのですが、運命の出会いのように思えます。Yさんとの出会いにも、また生徒さんとの出会いにも、感謝です。

I use this textbook for my student who is a dentist. This book is geared toward Japanese dentists, teaching typical English conversations held between a patient and a dentist at a dental office.

Last year I happened to get acquainted through Skype with an American dentist working at her own dental offices. (She has two offices.) She is the first person from English speaking countries that I met on Skype.

We have worked on this textbook together to make the English and the Japanese sentences written there easier and more natural. There have been times we can’t see each other for many days because of the time differences or others, but we made it to the last.

Our encounter was a coincidence but feels like a destiny. I really thank this encounter with her and with my student as well.

2013年2月12日 (火)

韓国の常識 vs 日本の常識 2 Japanese common sense 2

韓国ドラマ「ラブ・レイン」を見て不思議に思っていたことを二人の韓国人の友達に聞くことができました。

それは親同士が結婚するとしたら、その子供たち同士は結婚したり恋人になったりすることはできないのかという質問です。子供たち二人には血縁関係はありません。

一人目の方は「そのドラマを見ていない。法律的にはわからないけれど、社会的にはありえない」とのことでした。

二人目の方も同じく、「姻戚」と言って血のつながりのない親戚になり、「礼儀を備える関係」になるそうで、結婚は難しいとのことでした。難しいとは言ってもニュアンスはほとんどありえないと言う感じでした。でもこのドラマはハッピーエンドだったと言うと、どうしてハッピーエンドになれるのかと驚いて聞かれました。

ラブレインの主人公ハナのお母さんとジュンのお父さんは最終的に結婚はせずニューヨークで互いに支えあいながら生きることになり、ハナとジュンはそのまま交際し、最終回で結婚することになりました。

ニューヨークのような遠くで暮らしているから可能なことであり、親も子も韓国に住んでいる状況では無理だと言われました。

最初の方はメールでのやり取り、二人目の方とは直接スカイプでお話ししました。こういう話もできたことがうれしいです。違いを知ることもおもしろいです。それにしても「日本ではそんなことがあるのですか」と聞かれて、「血縁関係はないのだからできると思います」と答えましたが、実際に起きたことではないのでそれしか言いようがありません。

Finally I had a chance to ask two of my Korean friends the question I had been wondering about while I was watching a Korean drama "Love Rain."

The question was " In Korea, is it really impossible for a boy and a girl who love each other to get married or even to see each other when her mother and his father come to get married. The two young people are not blood related.

One answered, "I haven't seen the drama, so I'm not sure, but it would be forbidden socially although it might be possible legally."

The other one said, "If her mother and his father became related through marriage, then it would be very difficult for the young couple.

The drama has a happy ending. Her mother and his father didn't get married, but ended up living in New York, supporting each other. The young couple lived happily in Korea and eventually got married.

My friend said that it would be impossible if two couples lived in Korea.

It's interesting to know the difference. So, now my friends asked me in turn if it was possible in Japan. I answered most Japanese people would say, "Why not?" It would be very strange, but I just don't see any problem. Or is there any?

2013年2月11日 (月)

「ラブレイン」で韓国語 "Love Rain"for Me

韓国ドラマ「ラブレイン」、録画だけしてそのままにしてあったものを一気にに見終わりました。
(私はこの「一気」というのをよくやります。ホントは毎日ちょっとずつが良いとは思うのですが。)

韓国語の勉強は毎日しているけれど韓ドラを見るのは久しぶりでしたが、「ラブレイン」を見ているうちに何だか急によく韓国語が聴こえてくることに気がつきました!?

台詞がゆっくりだからか、それともひょっとして私の語学力が飛躍的に伸びたのかしらと喜びながら、ネットで検索してみました。するとやはり「ラブレインの台詞はゆっくりなので良い教材になる」とブログで紹介している方達がいらっしゃいました。

韓国語と日本語の二ヶ国語で場面を再現しているサイトもいくつかあり、みんな熱心だなあと感心しました。

それから、主人公を演じているのはチャングンソクと「少女時代」のユナですが、ユナがものすごくかわいい。ユナは樹木園で働く庭師という設定で、物語の最初の頃は服装も野暮ったかったのですが、回を追うごとに、かわいくなり、彼女のファッションから断然目が離せなくなりました。

昨日は白い衿のついた鮮やかなオレンジ色のワンピースにアイボリーホワイトと淡いオレンジのボーダーのカーディガンを組み合わせた着こなし、それと白いブラウスに白地にブルーの小花模様のスカートと鮮やかなブルーのカーデガンを組合せた着こなし等、あまりのかわいさに釘付けです。コーディネイトがホントに上手です。

ドラマは見終わりましたが、いまだにわくわくしています。このドラマはいろんな意味で、特に私の韓国語の勉強史にとって忘れられない作品になりました。

I finished watching "Love Rain," a Korean drama that I had recorded on DVD, all in one go.

It's been a while since I watched a Korean drama last. While watching it, all of a sudden, I noticed that I could catch what they say much better than ever. I wondered if it was because they speak their lines slowly or because my listening comprehension got better.

I did some Internet research and found that some people say, "They speak rather slowly and it makes a good study material of Korean." Some even show scripts from some scenes both in Korean and Japanese.

Another thing, the main character "Hana" played by "Yuna" a member of Girls Generation is so cute. I like the way she dresses. In the beginning of the drama, she was plainly dressed, but she grew more and more fashionable with each episode. I just couldn't take off my eyes from her.

For instance, in an episode I watched yesterday, she was dressed in a bright orange dress with a white collar and a cardigan with an orange and eggshell white striped pattern.

I finished watching the drama, but I can't stop feeling excited. It will be a memorable drama in many ways, especially in my study of Korean.

2013年2月 9日 (土)

韓国の常識 vs 日本の常識 Japanese common sense

録画してそのままになっていた韓国ドラマ「ラブ・レイン」を一気に見ています。ドラマを見ていて感じるのは、韓国は日本に最も近い外国だけどやはり外国だということ。

まだ最後まで見ていませんが、主人公の彼と彼女は恋人になりました。彼女の母親は実は彼の父親の初恋の人でした。30年後に二人は再会し、やがて結婚しすることになりました。親同士が結婚するということが、すごく問題のようです。毎日主人公の二人は別れるべきかどうするべきかと悩み、泣いています。何故でしょう?

血縁関係がないのでこの二人は恋人同士であっても良いし、結婚しても全然問題ないじゃないかと思うのですが、韓国ではそうはいかないらしいのです。とても不思議です。以前にもよく似た設定のドラマを見たことがあるので、日本の常識は韓国の非常識なのでしょうか。

韓国人の友達にスカイプで直接聞いてみたいと思います。できれば今日の夜にでも・・・・

I have been watching a Korean drama “Love Rain.” While I’m watching it, I feel Korea is surely the nearest foreign country to Japan, but that it’s “foreign” enough. She and he, the main characters, love each other. Her mother is his father's first love. Then they meet after 30 years of being apart, and eventually come to decide to get married. As a Japanese, I don't see any problems here, but it seems to be a big problem for Koreans. Since they are not blood related, they can do as they are or they can get married. Why does it matter so much? Common sense is not always "common." I just want to hear what my Korean friends have to say about this. I'll ask them on Skype, hopefully tonight…

2012年11月 6日 (火)

Two Little Friends

Dscn2843 Dscn2850 Dscn2855


日曜日にハイブ長岡で行なわれた「千秋子育てまつり」に娘と孫の三人で行ってきました。

アンパンマンショーを見て、いろんなお店を回って歩き、たくさんお土産ももらいました。偶然、公園で保育園のお友達と偶然に会って、仲良く遊んでいる様子がとてもほほえましくカメラを向けました。

My daughter, granddaughter and I went to an event "Child Raising Festival" held at Hive Nagaoka last Sunday.

We watched the main attraction "Ampamman Show." "Ampamman," literally "Red Bean Bread Man," is an animation character very popular among small children here in Japan.

After the show, we enjoyed strolling around the event site, getting a lot of free gifts. In the nearby park, my granddaughter happened to find her friend from nursery school. They seemed to be real good friends. Seeing them playing together made me smile.

より以前の記事一覧